スポンサーリンク

【2048】ブロックをスライドさせて2048を作り上げる無料パズルゲームの紹介!!

2019年7月21日

スポンサーリンク

皆さんこんにちは^^タクヤンです。

今回紹介するアプリは

2048

です。

 

 

2048

【2048】

タイトルも無しにいきなり始まるこのゲーム。

2048は2014年にイタリア人のガブリエル・チルリが無料ゲーム作品として公開したゲームです。

しかし、彼はこのゲームをオープンソース(自由にこのゲームのコードを使える)として公開しているので今現在は約200種類の似たゲームがあるとのこと。

今回紹介するのはきっとその中でもよく皆さんが見るものだと思います。

 

 

ゲームルール

 

2048というゲームは”縦4x横4”の16マス上で行うゲーム。

画像に数字の書かれたブロックがあり、それを横か縦にスライドさせて移動させます。

スライドさせると、スライドした方向までブロックか壁にぶつかるまで真っ直ぐ進みます。

 

ブロックに関することですが、ゲーム開始直後は”2”と書かれたブロックが2個出てきます。

ブロックは一回動かすことに1個、”2”もしくは”4”と書かれたブロックがランダムで発生します。

そしてお互いに隣接するブロックは同じ数字なら1つになることが出来ます。

例でいうと・・・・・

2と2ならお互いに足して4になることが出来ます。

全てのマスが埋まってしまい、新しいブロックが登場できなければゲームオーバーです。

そして、タイトル通りブロックを足していき2048になればいいんですが・・・・(2048を作った後は4096を作ってみようとなりますがね。)

 

 

良いところ・少し悪いところ

ここでは私が感じたこのゲームの良いところと少し悪いところを紹介しましょう。

 

良いところ

  • スライドだけのゲームなので難しくない
  • スッスッと素早くブロックを足していける
  • ブロックごとに色を変えてあるので見分けも付きやすい
  • 直感でブロックを動かせる

 

少し悪いところ

  • 割と簡単にゲームオーバーになりやすい
  • 大きい数字を2つ作るのに時間がものすごくかかる

 

 

このゲームを紹介したい人

ここではこのゲームを紹介したい人を書いていきたいと思います。

(全ての人に当てはまるわけではないのでご了承をください。)

  • ブロック系のゲームを探してる人
  • 数字を足していくことが好きな人?
  • どうやって攻略していくのかを真剣に考えてみたい人

 

 

まとめ

 

2048は大学1回生の時に友人に教えてもらい遊んでみたんですが、結構はまりましたね。

ですが、当時はどのようにしたらいい感じにブロックを足していけるのか分からずただひたすらブロックをスクロールしていってました。

ですが、今では2048までは結構簡単にいけるようにはなりました。

こんな下手くそな自分でもいけたんで皆さんもすぐにいけるようになるでしょう!

という訳で今回のまとめ!

  • 2048はイタリアの人が無料で提供したアプリ
  • ブロックをスクロールして足していき、どこまで足していけるかにチャレンジしていくゲーム
  • 2048まではゴールなんかじゃねぇ・・・・その先に俺(4096)はいるぞ・・・!

 

では皆さん。ここまで読んでいただき誠にありがとうございます!

良い1日をお過ごしください。

 

  1. 【PITTARI】文房具をぴったりと箱に入れていく無料パズルゲームアプリの紹介!!
  2. 【Fits パズルゲームで頭の体操】パズルように隙間を埋める無料パズルゲームアプリの紹介!!

 

スポンサーリンク