スポンサーリンク

【アインシュタインの都市伝説】天才が残した人類滅亡の予言とは!?

2018年12月8日

こんにちは^^タクヤンです。

今回お話しする都市伝説は

天才アインシュタインの都市伝説

です。

 

 

*1

アインシュタインとは?

アインシュタインを知らない人はいないでしょうが一応補足的に説明しておきましょう。

アインシュタインとは?

アインシュタインは本名「アルベルト・アインシュタイン」で、1879年3月14日ドイツ生まれの理論物理学者

20世紀最高の物理学者」や「現代物理学の父」 と評されており、それまでの物理学の認識を根元から変えるほどの偉業を達成している。

 

そんな彼はユダヤ人だったので第二次世界大戦ではアメリカに移住している。

そして彼は1955年に科学技術を平和的に利用する「ラッセル=アインシュタイン宣言」に署名し同年に76歳の生涯を終える。

ちなみにこの時ドイツ語で言葉を残しているが最後に傍にいた看護師がドイツ語を理解できなかったので内容自体は不明になっている。

 

 

誤解されているがアインシュタインは原子爆弾の発明者ではない

 

ここ管理人が勘違いして書いてしまっていましたが,彼が発見したのは「E=mc^2」というエネルギーの関係式であって原子爆弾を開発する「マンハッタン計画」には一切関与していないです。

というのも、彼自身は戦時中は戦争を正当化する発言をしていましたがそれ以前は平和主義であり、秘密を守れないと判断されたため計画への参加は求められなかったんです。

 

その後は核兵器・戦争の廃絶を願う為,科学技術を平和利用のために利用する「ラッセル・アインシュタイン宣言」に署名しています。

恐らく彼が原子爆弾の発明と結びつけられた理由は

  1. アインシュタインがエネルギーの関係式を発見
  2. その式が核分裂反応の観測実験で実証された
  3. アインシュタインが核爆弾開発をしていた
  4. 彼は原子爆弾が利用されたのを知って後悔した
  5. 核兵器の廃絶を願う「ラッセル・アインシュタイン宣言」に署名

ここから「アインシュタインが原子爆弾を作ったんだ」となっていったんじゃないかなと思います。

 

 

[スポンサーリンク]

アインシュタインが予言者という都市伝説

そんな天才アインシュタインは実は予言者でもあったという都市伝説があります。

といっても、普通に考えたらここまで天才な人ならなんとなくそういった未来になるかもしれないと想像は出来そうですけどね。

そんな彼の予言はそこまで多くありません。

主に二つあります。

  1. 蜂が消えると人類は滅亡する?
  2. 舌出しの写真は人類滅亡の意味があった?

それぞれ見ていきましょう。

 

 

[スポンサーリンク]

アインシュタインの都市伝説?1:蜂が消えると人類は死ぬ

アインシュタインの都市伝説

管理人的にはこれを都市伝説にしていいのかは不明ですが、非常に興味深い内容なので記しておきます。

アインシュタインは

もし蜂が地球上からいなくなれば人間は4年以上は生きれない。

と言っている。

これには理由があり、「蜂がいなくなると受粉が出来なくなるので植物がいなくなり、人間がいなくなるという」のが主な理由。

 

確かに蜂がいなくなり受粉がされなければ確かに植物は死滅していきますがそんな直ぐに人類は消えるのでしょうか?

専門家ではないのでその点を憶測だけでは言えません。

 

 

実際に世界から蜂が消える事例が発生

この現象は「蜂群崩壊症候群(CCD)」と名付けられていて、実際に各地で起きています。

  1. アメリカで2006年からミツバチが一夜で大量失踪(1/4消える)
  2. アメリカは野生種のミツバチはほぼ存在しない
  3. ヨーロッパ各地でミツバチが減少
  4. 2010年代には日本でもミツバチが減少する

こういった現象は

  • 農薬の使用
  • 気候変動
  • 電磁波
  • 遺伝子組み換え農作物
  • ウイルス

といった様々な要因が考えられていますが正直どれが強い説なのかははっきりとは言えないそうです。

 

 

[スポンサーリンク]

都市伝説2:舌だしの写真は人類滅亡を意味?

72歳の時の写真

そしてアインシュタインと言えばあの舌をだしている写真ですね。

実はあの写真にもあるメッセージが隠されている。

それは

人間は愚かな生き物
です。

 

人類滅亡の鍵は「反重力装置」?

人間は100年周期で歴史的な発明をしていおり、18世紀には蒸気機関、19世紀~20世紀には石油や核・原子力発電などなど・・・・。

今世紀中に可能かどうかはおいといて21世紀には「反重力装置」が発明されると予想されています。

この装置は世の中のものすべてが浮くという人類にとっては夢のような技術でもあり、反重力装置単体ならおそらく問題ありません。

しかしながら二つの反重力装置を同時にくっつけて離すとどうなるかという話です。

反重力装置の理論からすると話は簡単で、

 ビックバンが起きる

とのこと。

もしビックバンが起きると四次元空間が誕生してもう一つの宇宙が誕生し,人類がもう一つの宇宙で過ごすことになり今の地球は完全に無人の星になります。

つまり理論物理学者の天才のアインシュタインにはこの未来が見えているからこそ「人間は愚かな生き物ですね」という意味を込めて舌を出している。

 

 

「ビックバン=超新星爆発」で地球は消える?

だが管理人は思うんですがビックバンが起きる時、超新星爆発が起きるのではありませんでしたっけ?

そうなると地球自身消えてしまいますので人類は滅んでしまいます。

どのみち人類にとっては最悪な結末でしょうね。

 

ですが、人類を滅ぼす可能性が今現在最も高い核爆弾などを発明したのはアインシュタイン自身です。

そんな方が「人間は愚かですね・・・・」と自分自身にも向けてのメッセージなのかもしれませんね。

 

 

[スポンサーリンク]

終わりに

アインシュタインは天才なのでもしかしたらこういったものは理論上で発見したのかもしれませんね。

それも考えるとやはりアインシュタインは本当の意味で天才なのかもしれませんね。

信ぴょう性が都市伝説なのでお察しかもしれませんがもし事実ならアインシュタインは本当に予言者と言えるのかもしれませんね。

 

*1:出典:噂の都市伝説

スポンサーリンク