スポンサーリンク

「江東マンション神隠し殺人事件」という謎の事件の詳細と結末は?

2019年7月22日

スポンサーリンク

こんにちは。タクヤンです。

今回お話しするのは

江東マンション神隠し殺人事件

少し不気味な事件です。

 

 

事件の概要

江東マンション神隠し殺人事件 東城瑠理香
被害者の東城瑠理香さん。当時23歳のOLさん。

江東マンション神隠し殺人事件は2008年4月、東京都江東区潮見二丁目のマンションに起きた殺人事件。

マンションから外に出た形跡がなく、マスコミは「神隠し事件」としてトップニュースで報道するほどの事件でもあった。

 

 

全ての始まり

江東マンション神隠し殺人事件

始まりは2008年4月18日夜に会社員の女性Aさんが自宅マンションから突然姿を消したと姉から捜索願いが出されたことから始まった。

被害者はマンションの最上階に住んでいて、かつ玄関には少量の血痕、監視カメラには被害者女性がマンションの外には出ていないという形跡から、被害者はマンション内で消えたという事になった。

さらに、マンションは当時1/3しか人が住んでいなくて被害者の両隣の部屋も空き部屋だったので目撃者も少なかった。

 

 

[スポンサーリンク]

事件当初は見つからなかった犯人

 

警察はマンション住民全員から事情聴取を受け、さらに任意で指紋採取を受け、家宅捜索を行われたが犯人は見つからなかったが、その約1ヵ月後に2つ隣の部屋に住む派遣社員の男性が住居侵入容疑で逮捕された。

その後の男の取り調べでこの事件にも男が大きくかかわっていることが判明し、死体損壊、そして遺棄の容疑で再逮捕となった。

そして事件発生後2ヶ月でその派遣社員の男が殺人容疑で逮捕となった。

 

 

[スポンサーリンク]

容疑者・星野貴徳の生い立ち

江東マンション神隠し殺人事件

その派遣社員の男の名前は「星野貴徳」。

1歳の頃猫を追いかけて誤って熱湯風呂に落下して下半身を大やけどしたが、父親は躾に厳しく、火傷をおった下半身をコンプレックスに感じないように半ズボンも履かせていた。

高校卒業後はセガにプログラマーとして入社したが店長の仕事しか与えられなかったのでそのことに対して不満を抱きセガを退社。

その後は派遣社員としてコンピューター会社に勤務し、月に50万円ほど稼ぐほど優秀な人材ではあった。

 

ただ、彼はいつ頃からかは不明ですが四肢切断などに対して異常なまでの執着心を見せていたとされており、彼のmixiには「四肢切断された女性」のイラストをアップロードし、その本も制作していたそうです。

今回の事件も犯人と被害者の間には全く面識がなく、事件の目的も若くて太っていない女性を無差別に狙った強姦、性的暴行、婦女暴行などであった。

 

 

[スポンサーリンク]

事件の流れと隠蔽

 

まず犯人は事件発生の1週間前からAさんを狙って待ち伏せをしていた。

そして帰宅直後を狙って女性宅に侵入し被害者女性を拉致監禁しようとしたが、Aさんが大暴れしたので頭部を殴打して部屋に縛って寝かせた。

この時の血痕が玄関についたと見られている。

 

しかし同居していた姉が帰宅して、異変に気付き警察への被害届を出したことで加害者男性は事件発覚を恐れて被害者女性を包丁で殺害し、殺害後はAさんを加害者は包丁とノコギリでバラバラにして、下水管に流すなどして証拠隠滅を図った。

正しいかは置いといて詳細はWikiに記載されていますが、想像するだけでも惨いので記載は致しませんが遺体を可能な限り、文字通りパーツごとにバラバラにしたといえば簡単に想像できるでしょう。

そこから犯人は大胆にもバラバラにされた遺体の一部をタンボールに隠し、その中身を家宅捜査していた警察官に大胆にも見せるという行動をとった。

警察は空の段ボールの中身を見たことで、中身の重要性をそこまで認識しなかったのか見逃してしまっていた

 

 

[スポンサーリンク]

インタビューを受ける犯人と証拠の発見

この男の異常性は十分に分かると思いますが、この犯人はインタビューを受けており、この時の様子は動画で確認できますが結構不気味です。

しかし被害者家にわずかに残されていた指紋から犯人の指紋であると判断され、指紋照合の為に住民から最初に指紋を採取した時、加害者は自分の指を薬品を使って指紋の採取が出来ないようにしていた。

明らかに怪しすぎるため、1ヶ月後にもう一度指紋を採取した時には指の皮膚も再生しており、被害者の自宅に残っていた指紋と一致したので逮捕に至った。

その後の捜査で下水道に流れていたわずかな肉片が被害者のDNAと一致するなど次々と証拠が見つかっていった。

 

 

[スポンサーリンク]

裁判の流れと結果

江東マンション神隠し殺人事件 裁判

裁判は2009年に東京地方裁判所で初公判が開かれ、裁判員制度のモデルケースとしても注目されていた。

 

この事件で犯人の異常性癖が明らかになり、そして検察側から完全犯罪を目論んだことと身勝手な犯罪理由で、死刑を求刑した。

しかし弁護側は過去の生い立ちや、逮捕後に犯行に関して謝罪していることに加えてさらに前科がないということで死刑は重過ぎるとした。

1審の判決は

性奴隷にしようとして拉致し、事件の発覚を防ぐには被害者の存在自体を消してしまうしかないと考えた自己中心的で卑劣な犯行で、酌量の余地はない

と厳しい非難をして死刑判決かと思いきや、

 

死刑選択には相当強い悪質性が認められることが必要となるが、この殺害では執拗な攻撃を加えたものではなく、残虐極まりないとまではいえない。自ら罪を悔いており、死刑は重すぎる。

と無期懲役を言い渡し、当然検察は不服として控訴を行い、控訴審は同年6月に行われた。

控訴審におけるお互いの主張は以下のようになる。

  1. 検察:類を見ないほど凶悪、無期懲役は軽く、死刑しか考えられない
  2. 弁護:被害者が1人で死刑の適用は不適切、無期懲役が妥当

そして、東京高裁は

殺人などの重大犯罪で、冷酷かつ残虐で人倫にもとる犯行だが、前科などもなく、自らの罪を悔いて謝罪の態度を示し、矯正の可能性がある。 

極刑がやむを得ないとまでは言えない

と控訴を棄却され、検察側と被告も上告をしなかったので無期懲役が確定した。

 

[スポンサーリンク]

犯人の現在は?自殺したという噂

江東マンション神隠し殺人事件 犯人の現在

犯人は拘置所で自殺をしようとしていたと当時は2chの掲示板で騒がれていましたが、2012年には自殺した!!という噂が流れていましたが、そっちは全くの無関係であるということが判明しています。

そして真偽が分からないのが2015年に40代の男性が千葉の刑務所で目に箸を刺して自殺を図り、くも膜下出血で搬送先の病院で死亡した・・・・と書いており、当初は名前に星島受刑者と名前が書かれていたそうです。

以下千葉日報の当該記事

 千葉刑務所(千葉市若葉区)は6日、40代の男性受刑者が自殺したと発表した。

同刑務所によると、5日午前3時50分ごろ、単独室にいた受刑者が両目のまぶたから血を流し、四つんばいで苦しんでいるのを巡回中の職員が発見。

職員の呼び掛けにも反応せず、救急隊が駆け付け病院に搬送されたが、6日午前11時5分ごろ、死亡が確認された。死因は外傷性くも膜下出血という。

室内には折れた箸が2本見つかり、箸で刺し自殺を図ったとみられる。同刑務所は「受刑者が自殺したことは誠に遺憾。再発防止に努めたい」としている。

http://www.chibanippo.co.jp/news/national/239367

掲示板などではこの男性が星野受刑者本人だ!!となっていましたが、ソース元も掲示板であることからデマだと判明しております。

ただ年代が同じことから適当に推察されただけでしょう。

 

 

終わりに

 

この事件は10年以上前に起きた事件ですが、今でもどこかでたまに名前を見るほど悲惨な事件であったという事が伺えます。

実際にこのように遺体をバラバラにする事件などは座間市の事件も含めて世界でも起きてはいます。

  1. ハローキティ殺人事件という中国で起きた悲惨な事件の詳細と顛末
  2. 【三毛別羆事件】7名の犠牲者を出した悲惨な日本の事件の詳細とその原因とは?

 

スポンサーリンク

日本

Posted by taurs-0505