タクヤンの情報発信部屋

色々な分野での生活をちょっとでもよくする?情報を毎日配信予定

~Sponsored Link~

  • f:id:taurs-0505:20180921005715p:plain
  • f:id:taurs-0505:20181004141436p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202405p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921195025p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202409p:plain

【都市伝説】ガソリンスタンドで起きたという悲惨な事故とは?

こんにちは^^タクヤンです。

 

今回お話しするのは都市伝説のお話です。

 

 

ガソリンスタンドの事故

 

です。

表現がかなり血生臭いことになっているので視聴の際はお気を付けください。

とはいっても、画像は大丈夫なものを用意しているのでそこは安心して読んでください。

 

 

 

 

ガソリンスタンドで起きた都市伝説的な事故

 

f:id:taurs-0505:20181022232052j:plain

 

 

ある男が3年前にガソリンスタンドへ行った時の話だ。
あの痛ましい事故は今でも鮮明に覚えているという。

 

男がガソリンを入れている最中、隣に空気が全然入ってないタイヤを履いた トラックが止まった。


どうやら空気圧の点検を怠っていた為に減っている様だった。
男は自分の車が汚れていたので、洗車を頼みつつ店内に入って暫く外を眺めてた。
店内からはピット作業をしている所が見えていた。
男はさっきのトラックが ピットに入って来たので、その作業をぼんやりと見ていたという。

 

ピットでは、新しいバイトだと思われる可愛い茶髪の女の子が、先輩の指導を仰ぎながら黙々と 作業の手伝いをしている。
作業員が空気の入っていないタイヤを外し、女の子が空気圧を入れる様に頼まれた所で痛ましい事故は起こった。

 

女の子が5分経ってもずっと空気を入れつづけている。
男が

「トラックのタイヤは空気を入れるのは大変なんだろうな~。女の子なのに大変だな。」

 

と思った瞬間、

 

 

ズドン!!

 

という爆音と共に女の子の頭が弾けて赤い血の霧が舞い上がった

同時に店内の窓ガラスをブチ破って何か光る物が突っ込んできた。

 

店長が、
「救急車呼べ!! 一旦店閉めろ!! 誰かタオルもってこい!! 〇〇(女の子の名前)の体を抑えてろ!! (激しく痙攣してのた打ち回ってた)」
と動転した。

 

男は何が起こったのか確かめようと、店内に飛び込んできた物を探し出した。

それはトラックのホイールだった。
大きさは直径1メートルはあったという。

 

女の子は頭が半分吹っ飛んでいて、ピクピク痙攣しながら「うぅ~、ふぅ~」と細い息をしていたが、男は彼女がもう死ぬだろうということが分かった。
何故なら血にまみれた脳が見えていたのだ。

男は彼女が自分の手で脳みそを抑えていた光景が、今でも忘れられない。
救急車が到着する間もなく、白目を剥いたまま彼女は死んでしまった。

翌日、その事故のニュースがやっていた。

 

事故は女の子がタイヤに空気を20キロ入れようとしていたことが原因だった。
恐らく、2.0キロと20キロを間違えたのだろう。

普通はタイヤが膨れ上がった所で気付くだろうが、女の子だから分からなかったのだろうか。

それ以降、男はガソリンスタンドに行って女の子が接客をしてくれることになると、
「窓は拭かなくて良いです。大変でしょうから自分でやりますよ。」
と、何もさせないように、そしてあの時のような事が起こらないように気を使っているのだという。

 

 

実際に起きた事故なのか?

f:id:taurs-0505:20181022232357j:plain

 

 

この話は詳しい人が見たら一目瞭然ですが、まずガソリンスタンドに20㎏も空気を注入するエアゲージ(空気注入器のようなもの)は置いてないそうです。

他にも突っ込みどころはいくつかあります

 

しかしながらこの事故、完全な作り話でもありません

似たような事故が過去に起きています。

 

 

それが2014年に滋賀県甲賀市水口町北脇のガソリンスタンド「エネクスフリートルート1水口店」で、湖南市正福寺、同店店員高尾博文さん(49)が、大型トラックのタイヤに空気を入れていたところ、タイヤが突然破裂するという事故です。

この方はトラックのタイヤの破裂した時の風圧で胸が圧迫されたという可能性もあるが、死因は大動脈解離で搬送先の病院で亡くなった。

そして、2013年には埼玉県で自衛隊のトラックが同じような事故を起こして女性隊員が1名心肺停止、男性隊員1名が重傷という事故だった。

 

 

どうしてこんな事故が起きたのか?

 

そもそもこんな事故が起きるのはなぜなのか?

簡単な原因はタイヤのパンクです。

 

 

この二つの事故の両方に共通するのは空気の注入中という事です。

そもそも損傷、破損しているタイヤを放置したまま圧縮した空気を注入すると亀裂の入った部分が爆発。

そのまま圧縮された空気が一気に外に放出されます。

 

その時の空気の威力は「手りゅう弾」にも匹敵します。

↓の動画は似たような条件で行われた実験です。


タイヤバースト実験

 

 

 一目瞭然ですが人形が一瞬で吹き飛ばされています。

もし人間でも同じように吹き飛び、後ろの建物にぶつかったりして死亡するでしょう。

 

 

防ぐには?

 

まずこのような事故を防ぐには常日頃からのタイヤの点検が必要になってきます。

とはいってもこんなタイヤの前兆なんて一般知識の我々には当然完璧な見分け方が付きません。

とはいっても管理人もそんな知識が専門ではないので適当なことは言えません。

 

 

そこで以下のサイトが参考になるでしょう。

【事故を予防するために】タイヤがバーストする前兆ってある? - 行列のできるトラック相談所

上のサイトにこんなタイヤの事故を防ぐための知識を公開してくれています。

 

 

終わりに

 

f:id:taurs-0505:20181022232752j:plain

 

終わりになりますが、このような事故はトラックだけに限りません。

自転車や乗用車でも起きうる事故です。

トラックよりもまだタイヤが小さいので似たような事故が起きても被害はまだマシになるかもしれませんが走行中に起きると考えるとやはり常日頃からの自動車の点検は必要になってきます。

 

 

今回の都市伝説は話を盛っている可能性が高く、信用が高いというわけではありませんが似たような事故が起きているので全て嘘とは言い切れません

乗り物に乗る以上、その点も注意しましょう。

 

 

[sponser link]