【韓国DATA】韓国専用WiFiルーターの評判やメリット・デメリットは?

2019年3月23日

スポンサーリンク

こんにちは^^タクヤンです。

今回お話するのは

韓国WiFi専用モバイルルーター

韓国DATA

です。

韓国旅行に行く人はぜひ参考にしてみてください。

 

広告

韓国DATAとは?

韓国DATA

韓国DATAは韓国で利用できるWi-Fiレンタルサービスです。

韓国国内どこでも超高速4GLTEをお手軽の値段で利用することが出来るルーターサービスです。

 

料金プラン&支払方法

料金プランはルーターレンタル料金が無料で、ネットは基本料金590円/日で利用可能。送料は無料となってインすあその他にオプションで

  1. 安心保障:200円/日
  2. 予備バッテリー:100円/日
  3. ポケトーク(翻訳機):580円/日

を任意で付けることが可能です。

また、支払方法は

  1. クレジットカード
  2. amazon pay
  3. 楽天Pay

の3つから選ぶことができます。

この3つのうちどれかを選択して登録し商品発送時に決済される仕組みとなっております。

 

安心保障プラン未加入時のもしかしたら料金

上の安心保障プラン未加入時にもしかしたらかかる可能性のある料金を記載しておきます。

本体の紛失・損傷 40000円
予備バッテリー

紛失・破損

3000円
アダプター・USBコード

紛失・破損

1000円
変換プラグ

損失・破損

500円

 

延滞料金やキャンセル料

では延滞料金やキャンセル料などを紹介していきます。

出発の3日前からのキャンセル 1台につき1620円
出発の3日前からの申込内容の変更 1080円
延滞料金 1日580円

 

韓国DATAのここがメリット!!

では韓国WiFiのメリットを紹介していきましょう。

無制限プランで見るなら韓国でのWiFiレンタルでは最安値

韓国でネットを無制限に使いたい場合はこの韓国DATAは他と比べると一番安いです。

「イモトのWiFi」も30日前からの予約をすれば540円になりますが、それをしなければ680円になります。

 

同時最大接続可能数は10台

そしてこの韓国DATAでは同時に最大で10台が接続可能となっており団体で旅行に行くときに割り勘すれば一人当たりの料金はぐっと安くなる。

何も一人で使う必要性はない。できる限り安く済ませよう。

 

韓国DATAのここはデメリット?

では、韓国WiFiのデメリットになりうる部分を紹介していきます。

無制限プランしかない

無制限プランしかないので、ネットを旅行中はそこまで使わないという人にとっては他のサービス会社を選んだほうがいいでしょう。

もし、長期で韓国に滞在する場合はこの韓国DATAをお勧めします。

山間部や地下鉄ではやはり繋がりにくい

これは別にここに限ったことではありませんが、やはり地下鉄や山間部などでは繋がりにくいという声を聞きます。

空港では専用返却窓口はない

残念なことに空港では返却することが出来ません

専用の返却する場所がないからです。

ではどこで返却するのか?

ルーターが送付されたときに添付されている返信用封筒に入れて郵便ポストか郵便局にて送付することです。

ネット上の評判

出典1:韓国データご利用のお客様の声

20代女性使用が無制限という点で、とても安心して使うことができました。また韓国旅行の際は利用したいと思います。ありがとうございました。
20代女性郊外や屋内(特に地下)は電波が入りにくい、入らないということが少しありましたが、ソウル市内屋外は何の問題もありませんでした。思ったよりもバッテリーの持ちもよく使いやすかったです。また利用させて頂きたいと思いました。

出典2:Twitter

韓国DATA

 

↓申し込みはこちらから!!

↓まだまだコンテンツは終わらない!!

スポンサーリンク