スポンサーリンク

【マルク・デュトルー事件】ベルギーで発生した6人の少女誘拐事件の詳細とその裏にある闇とは?

スポンサーリンク

こんにちは。タクヤンです。

今回お話しするのは

ベルギーで起きた

マルク・デュトルー事件

です。

 

 

マルク・デュトルー事件の概要

マルク・デュトルー事件の概要
実際にマルク・デュトルー事件があったといわれる自宅

マルク・デュトルー事件」とは1996年にベルギーで起きた少女拉致監禁・殺人事件で、少なくても6人の少女が被害にあった。

犯人の男は共犯者の男も殺害し、計5人の殺害の罪で2004年に終身刑が言い渡された。

 

 

マルク・デュトルー事件の犯人と犯罪歴

マルク・デュトルー事件の犯人と犯罪歴
Age-des-Celebrities.com より

犯人は1956年生まれのベルギー人の自称電気工のマルク・デュトルー。

1989年に連続レイプ犯として逮捕されて懲役13年であったが模範囚という理由でわずか3年で釈放されるという犯罪歴があった。

その上、獄中でPTSDになったと政府を訴えて毎月約26万円の医療年金を受け取っていた。

この3年という短さがこの事件において警察に対する不平の1つでもある。

 

 

[スポンサーリンク]

事件の発生とその詳細

マルク・デュトルー事件の発生とその詳細

事件はマルク・デュトルーが出所してから3年後の1995年に発生。

リエージュという場所で彼は8歳の少女を2名誘拐して自宅地下に監禁し、その2か月後にはオステンドの海岸にバカンスに来ていた17歳と19歳の少女2名を拉致監禁、この少女2名はドラッグを打たれて生き埋めにされて死亡した。

 

その後マルクは1995年末に自動車の窃盗事件で逮捕されて半年間刑務所にいて、その間に初めに誘拐された少女2名は餓死してしまった。

マルクの家には共犯者の妻がいて、食事を与えるように命じられていたが彼女は少女たちの顔が見るのが怖くて地下室に行けなかったと証言している。

 

出所したマルクは少女2名が死亡していると知ってさらに12歳のザビーネ・グルデンヌを誘拐して強姦

さらに14歳の少女を誘拐した。

また、この時共犯者の男が勝手に強盗などを行っていたためマルクは彼の手の甲や睾丸を傷つけたうえドラッグを打って生き埋めにしている。

 

 

[スポンサーリンク]

マルク・デュトルーの逮捕と裁判とその判決

Age-des-Celebrities.com より妻のミシェル・マルタン

しかし14歳の少女を誘拐した際にマルクの車を目撃した人間が警察に通報して彼と妻ともう2人の共犯者の男が逮捕された。

この時最後に誘拐されていた2名の少女は助かっており、そしてマルクの逮捕8年後の2004年に救出された2名の少女が証言台に立つことを決心して裁判が始まり、

  1. マルク・デュトルー:終身刑
  2. 妻:懲役30年
  3. 共犯者の男:懲役25年

が言い渡された。

この時マルク・デュトルーはもう一人の共犯者のミシェル・ニウールが政財界の小児性愛者向けの児童ポルノ売春の秘密組織の一員であり、私はその組織の一員として拉致監禁をしていた。

彼が主犯格だみたいな証言をしていたが証拠はないとしてミシェル・ニウールは「麻薬取引」の罪のみで懲役5年となったが、彼は2006年に釈放されている。

 

 

[スポンサーリンク]

警察の杜撰な捜査とデモ

まずこの裁判が行われるまで約8年かかったのにはいろいろと裏がありそれは後述するとして・・・。

この事件では

  1. レイプ犯のマルク・デュトルーをわずか3年で釈放させた
  2. 警察が自宅に訪れた際に少女の声を聴いたのに監禁には気が付かなかった

などなど杜撰な捜査が明るみになりベルギー市民の約3%の30万人が「白の行進」というデモを警察や司法制度に対して行っている。

また、2012年には妻が「経費削減」を理由に釈放される予定と発表されてブリュッセルで抗議のデモが再び起きた。

 

 

[スポンサーリンク]

マルク・デュトルー事件の裏にあると疑われた闇のビジネス

ミシェル・ニウール
https://www.moustique.be/13057/quand-michel-nihoul-parle-de-dutrouxより、ミシェル・二ウール

だがこの事件で最も闇が深いのはこの裏にあると疑われている「財政界への闇のビジネス」である。

これは以下の疑いがあるからである。

  • レイプ犯がわずか3年で出所
  • 逮捕から裁判まで8年かかっている
  • 8年の間に少児性愛組織に関する証言者候補が次々と死亡
  • ミシェル・ニウールが「私は政界や財界、司法界、はては王室の関係者に対してフォ・レ・トンプ城で小児性愛パーティーを開いたことがある」と発言
  • 「自分が証言したら政府が転覆する」とも発言
  • ニウールやマルクと顔見知りであるレジーナという証言者が申し出たのにもかかわらず妄想癖があるとして外された
  • レジーナの発言を無視した判事がニウールと個人的に親しかった
  • 積極的に捜査していたコネロット判事が担当を外された
  • 監禁部屋の毛髪がDNA検査されなかった
  • 殺害された少女たちの遺体を親が見れなかった
  • ニウールや妻が刑期半ばで釈放

などなどどう考えても裏にこういったネットワークがあると思わせることが起きている。

このことでフランスのフラマリオン社がベルギーの王のアルベール二世がパーティの常連と書いて訴えられている。

 

 

終わりに

日本でもかつて「プチエンジェル事件」と疑われた日本史上闇の深い事件が起きましたが今回のベルギーでも疑われた事件の1つです。

アメリカでも疑いがありますが、やはり権力者たちの闇が深いのではとも思える事件です。

 

 

⇒⇒次によく読まれる記事

  1. 【ノルウェー連続テロ事件】「ウトヤ島銃乱射事件」というノルウェー戦後史上最悪な事件とは?詳細と結末は?
  2. 【世界の犯罪】”マンソンファミリー”と引き起こされた凶悪犯罪の詳細

スポンサーリンク

世界

Posted by taurs0505