スポンサーリンク

【モスマン】アメリカで見つかった超高速に動く謎のUMAとは?

2019年8月17日

こんにちは^^タクヤンです。

今回お話しするのは

超高速に動く悪魔

モスマン

です。

 

 

モスマンとは?

モスマンとは?

モスマンはアメリカのウエストバージニア州のポイント・プレザントのオハイオ渓谷一帯で目撃がある謎のUMAのことです。

 

  1. 体長約2m
  2. 全身を褐色・灰色の体毛でおおわれている
  3. 輝く赤い目を持つ
  4. 羽を広げるが羽ばたかない
  5. 時速160㎞以上で走る
  6. 腕はない

目撃した人間はこんな外見から「モスマン(蛾人間)」と呼ばれている。

 

 

アメリカでモスマンが見つかったのはいつか?

モスマンはアメリカのポイント・プレザントで見つかった

1966年11月12日のウェストバージニア州のレンデニンの墓地で初めて目撃されたことがはじめ。

その2日後同州のポイント・プレザントの火薬工場があった地域付近でドライブをしていた若者がモスマンに追いかけられた。

この時、全速力で車を走らせたがモスマンは平然と追いかけてきたがこの時の証言は「時速160㎞で逃げたが同じ速度で追いかけてきた」とのこと。

 

また、同じ日の夜には同州北東にあるセーラムというところでも犬が激しく吠えていたので様子を見に行くと赤く光る二つの目を見たというような証言があった。

その翌朝にはその犬は消えていた。

この火薬工場付近では同じような目撃証言があったが、この13か月後の1967年12月15日にプレザントとカノーガを結ぶシルバー・ブリッジ付近で目撃されたのが最後となっている。

 

 

[スポンサーリンク]

その他モスマンの目撃証言は?

 

 

[スポンサーリンク]

モスマンはポルターガイストを引き起こし、大規模な事故を起こしている

モスマンが最後に目撃された次の日にシルバー・ブリッジが崩壊

1966年11月16日の午後9時過ぎにスカーベリーという夫妻が奇妙な物音が聞こえて電気がついたり消えたり、食器が宙に浮かんだりするなどポルターガイストが起きた。

 

だが、モスマンの伝説で恐ろしいのは2002年のハリウッド発のサスペンス映画「プロフェシー」に関係しています。

この映画は「モスマン」に関する出来事をベースにしたストーリーで、モスマンを目撃した人にモスマンが脅迫電話をかけるシーンがあります。ちょっとシュール。

そしてこの映画では橋が崩落して36人が死亡するという出来事が描かれています。

実はこの出来事は実際に起きており、それが最後にモスマンが目撃された1967年12月15日にシルバー・ブリッジが大規模な崩落事故を起こしてしまい46人が死亡するという大規模事故が起きています。

 

 

[スポンサーリンク]

モスマンの正体1:エイリアンのペット説

モスマンの正体説:エイリアンのペット説

このモスマンが目撃されたのと同時期にプレザント一帯ではUFOの目撃証言が多かった。

そしてモスマンの目撃も減るとUFOの目撃も減っていった。

これからモスマンは実はUFOに乗っていた宇宙人か宇宙人のペットの可能性が示唆されているが、ペットなら首輪につなげれていないのが安全管理ができていない証拠。

実際にモスマンがUFOに向かって飛んで行ったという目撃例もある。

 

モスマンの正体2: 猛禽類

 

[スポンサーリンク]

終わりに

 

モスマンを調べてみるといろいろな説がありましたが、宇宙人のペット説が一番濃厚だそうで。

映画のモスマンが電話をかけるシーンはシュールで、腕ないのに電話できるとか本当にモスマンなのか・・・・・。

 

⇒⇒次によく読まれるUMA

  1. ゴビ砂漠に生息する超危険なモンゴリアン・デス・ワームというUMAとはなんなのか?
  2. 【ドーバーデーモン】アメリカのドーバーという町で見つかったUMAとは?

スポンサーリンク

UMA

Posted by taurs0505