タクヤンの情報発信部屋

色々な分野での生活をちょっとでもよくする?情報を毎日配信予定

~Sponsored Link~

  • f:id:taurs-0505:20180921005715p:plain
  • f:id:taurs-0505:20181004141436p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202405p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921195025p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202409p:plain

NASAが二酸化炭素から糖(グルコース)に変える技術のコンペを開催

 

 

 

概要

 

 

1: しじみ ★ 2018/09/07(金) 16:26:05.46 id:CAP_USER
火星に豊富に存在する二酸化炭素を「有用な物質」に変えることを目的として「NASA CO2 Conversion Challenge」というコンペを開催するとNASAが発表しました。このコンペの賞金は総額100万ドル(約1億1000万円)となっています。

このコンペで述べられている「有用な物質」は、具体的にはグルコースなどの糖を指しています。2018年現在、糖をベースにした生体材料は、「リソースやエネルギー、クルーの作業時間が限られている」という問題から宇宙で作り出すことができません。二酸化炭素から糖を作り出すシステムの開発は、この問題の解決の手がかりとなるわけです。NASA Centennial Challenges programのMonsi Roman氏は、「人類を他の惑星で生きながらえさせるには、多くのリソースを要しますが、必要なだけのリソースを地球から惑星に移動させることはできません。クリエイティブになる必要があります」と述べています。

糖は炭素と酸素を分子に持つため、糖を二酸化炭素から作りだすことは、理論上は可能。グルコースはエネルギーが豊富なだけでなく、代謝されやすいので、変換効率を最適化しやすいと考えられています。生成されたグルコースはバイオリアクターの燃料となり得るとのこと。

NASA CO2 Conversion Challengeは2つのフェーズに分けられており、1つ目のフェーズは「二酸化炭素をグルコースに変換するシステムの詳細を提出する」というもの。アイデアを持っている人は2019年1月24日までにウェブサイトに登録を、2月28日までにアイデアの提出を行います。NASAは2019年4月にファイナリスト5人の発表を行う予定であり、ファイナリストに選ばれれば5万ドル(約550万円)を受け取ることとなります。

2つ目のフェーズは、実際のシステムの構築とデモンストレーションを含み、勝者は75万ドル(約8300万円)を受け取ることができます。フェーズ1とフェーズ2を合わせた額が100万ドルというわけです。

なお、応募資格の1つに「アメリカ国民であること」が含まれますが、アメリカ国外の国籍を持つ人であっても、アメリカベースのチームの一員として参加することが可能。応募は以下のウェブサイトから行えるようになっています。

NASA CO2 Conversion Challenge
https://www.co2conversionchallenge.org
https://i.gzn.jp/img/2018/09/06/nasa-competition-mars/001.jpg

https://gigazine.net/news/20180906-nasa-competition-mars/

 

 

ネットの反応(一部)

 

38: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 21:37:17.45 id:t2OsPcqV
>>1
水素を何から得るかだな

 

3: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 16:35:40.31 ID:9HAhXWUn
まず地球で試そう

 

4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 16:41:19.91 id:jMYTYtve
そんな額じゃ研究費にもならんだろ
大赤字

 

22: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 18:27:09.80 id:N3NjzuhV
>>4
こういうコンテストは「この金で研究しろ」ではないから
もともと知識のある研究者に対して有償でアイディアを求めているだけ

 

6: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 16:49:49.65 id:e2g2svtc
苔とゴキブリを

 

9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 16:53:39.58 id:zbVxkAJT
植物しか思いつかん

 

15: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 17:57:45.85 id:rSW2Anu8
>>9
植物で良いんだよ。

でも、火星の過酷な環境の中で、火星の太陽光で、火星の二酸化炭素を地球人が使える糖にするということが大事。

つまり、原理的な話を求めてるのではなくて、実践的な話が必要。

 

11: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 17:50:19.55 id:gJkav9ur
デカいレンズ作って太陽光で地面焼けば偶然できたりしないかな

 

17: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 18:00:20.39 id:rWZGuWqz
燃料と酸素だけじゃなく食べ物も合成するのか
と思ったらリアクター用なのか

 

19: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 18:00:57.90 id:rSW2Anu8
>>17
糖が作れれば燃料も食料も作れる。

原理的にはね。

 

25: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 19:15:51.59 ID:WT/9v624
「アルコールを糖に変える」なら得意なんだけどねぇ。
NASAで雇ってくれないかな。

 

31: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 20:03:34.27 ID:x+ZDPZU4
それだけ重要な技術を1億円ってすごいケチだな
素人の発明家みたいなのしか応募しないんじゃないか;

 

32: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/07(金) 20:09:05.75 id:QVcCh+7N
糖の化学結合ってかなりエネルギー高いからな
やるならまず火星上でどこかからエネルギーを引っ張って来る必要がある
その上でそのエネルギーを糖の化学エネルギーに変換してやらにゃならん
結構難しいぞ、これ

 

43: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/08(土) 00:04:52.66 id:sIRtUapp
たった1億で、年間何十億円も稼げそうな技術を売り渡す馬鹿がおるんか?

 

44: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/08(土) 00:07:07.98 id:azYLReia
いいアイデアがあるが、アメリカ人じゃないから1億円もらい損ねたな。あー残念。いや実に残念。

 

50: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/08(土) 09:35:49.57 id:rvOBC6x2
じょうじ

 

53: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/08(土) 10:03:21.84 ID:u/IDjZqV
ジャガイモ無双

 

55: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2018/09/08(土) 12:17:39.47 id:K8mD4dlz
金星でやれよ

 

 

 

終わりに

 

今回の概要を見て、コメントにもありましたがこう思いましたね。

 

地球で試そう」 

 

まぁ、火星で二酸化炭素が多いならこれをうまく利用すれば人類の宇宙進出もさらに発展するかもしれませんね。

このコンペには期待しましょう。

 

(1億円って少なくないですか?)

(でも、アメリカ人だけか~~)

 

 

とにかく今後の情報に期待しましょう。

 

[sponser link]