スポンサーリンク

【猫 黒いドレス】中国で起こった猫を虐待した悲惨な事件とは?

2019年7月22日

ここで伝えることは必ずしも検索を推奨する為ではありません。

怖くて見れない方のための簡単な解説ページです。

管理人も調べて何回も後悔した単語もあります。

こんにちは。タクヤンです。

今回紹介する「検索してはいけない言葉」は

猫 黒いドレス

です。

注意事項ですが、ここでは画像・動画などは用意していません。

ですが、文章だけでも十分に気分を害することもあります。

気分が悪くなった場合はすぐに引き返しましょう。

それを踏まえた上でお進みください。

 

 

”猫 黒いドレス”とは?

猫 黒いドレス

(画像はイメージ)

2006年に中国で「黒いドレス」を着た謎の女が猫をハイヒールで殺すという衝撃的な事件が起きたんです。

それだけなら動物虐待とか何とかで中国で捕まりそうなものですが、なんとその女性はその一部始終を撮影してネットに公開するという猟奇的な事件だった。

今でもTwitterとかでも起きていますが、当時の中国では大問題となり、メディアや有志が犯人を追跡するといった騒動になった。

まさに中国全土で女を追跡するという前代未聞の事件

 

 

画像?動画?

猫 黒いドレス”は「画像」での媒体で、全部で8枚存在しています。

動画も存在していたそうですが今は見ることはできないでしょう。

(むしろ幸い。)

その全てにその女の狂気じみた行動が写されています。

検索しても”Google 画像”にはほとんど存在していませんが、いくつかのブログには画像が存在しています。

画像は用意していませんが、一連の流れは簡単にこうです。

  • カクテルドレスを着た女性が猫を優しく抱擁
  • 猫を地面に置く
  • ハイヒールのかかとで頭を・・・
  • 最後は困惑気味に遠くを見つめる

といった流れになっている。

管理人は小さめの画像しかみていないが、大きい画像は中国のサイトには残っている模様。

しかしさすがに海外のサイトなのでウイルスを警戒して見てはいない。(見たくない)

 

 

[スポンサーリンク]

犯人のその後・・・

猫 黒いドレスの犯人

実はこの時、この女が撮影していた背後に映っていた河や、当時この女が登録していた中国のSNSにおいて似たような女のプロフィールから次々と特定され、決定的となるヒールの購入履歴がその女が犯人という証拠となっていった。

しかし当時の取材においてその女は悪びれることなく逆に開き直り、

猫を殺して何が悪い?そういう趣味だってある人もいるんだ

と言い放つ。

しかしその後、公式に女が謝罪することとなった。

言い分は

数か月前に夫と別れて娘と茫然自失の中で行ってしまった

とのこと。

そしてこの一連の動画や写真を作成した人物が他に2名いたが当然、3人は全員職を追われることとなった。

しかし当時の中国では「身の上話を使って同情を誘うつもりだったんだろう」といった批判や何らかの刑罰を求める声が上がった。

(この後この犯人たちがどうなったかは情報がなかったので集めることができないが少なくともまともな生活はもう遅れていないのはたしかであろう。)

 

 

終わりに

今回のこのキーワードを調べて、本当に胸糞悪くなるような事件でした。

なぜなら、この女はとあるサイトを運営しており、そこでは猫以外の動物も虐待している動画を販売していたという。(サイト自体は閉鎖している。)

それを踏まえた上でこの女が出した謝罪文の

 

「茫然自失で今回の犯行を行った」

というのは明らかに嘘(嘘でなくても本意ではない)であることが分かる。

事件の資料は少ないのでこれ以上憶測で何かを言うのは嫌なのでこれまでにしておきますが、あたりまえですが人としてこのような残虐な行為は行わないよう肝に銘じましょう

 

では、またお会いしましょう。

スポンサーリンク