タクヤンの情報発信部屋

色々な分野での生活をちょっとでもよくする?情報を毎日配信予定

~Sponsored Link~

  • f:id:taurs-0505:20180921005715p:plain
  • f:id:taurs-0505:20181004141436p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202405p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921195025p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202409p:plain

【都市伝説】現代日本を表した”をのこ草子”という日本の知られざる予言書とはいったい何なのか!?

こんにちは^^タクヤンです。

今回お話しする都市伝説は

 

 

日本最強の予言書

をのこ草子

 

 

です。

 

日本にも予言書があった?というのを最近知ったので今回紹介していきます。

 

 

 *1

 

 

”をのこ草子”とは?

 

f:id:taurs-0505:20181014110352j:plain

 

”をのこ草子”とは日本の小説のような読み物のことです。

 

新道天行居の創立者として有名な友清歓真(1888~1952年)の名著「新道古義地之巻」に一部引用されていた内容が今の日本に伝わっている。

そしてその内容が現代日本を言い表しているかのようなものだったので「日本の予言書」なのでは?と言われています。

 

 

 

 いつ頃・誰の手で執筆されたのか?

 

f:id:taurs-0505:20181014110403j:plain

 

そして、この”をのこ草子”なんですが、実は作者も不明で、作成された年代も全くの不明です。

 

だが、世に出回ったのは1730年頃の八代将軍徳川吉宗が享保の改革を実施していた頃と言われています。

つまり江戸時代の徳川吉宗の頃に誰かの手によって作成されたものと推測できる。

 

 

どんな予言内容なのか?

 

その内容がどんな内容なのかというと、記されたころより250年後という記述があったので1980年代以降の日本を表していると考えられます。

 

その1:技術発展

 

今から、五代後の250年経つと、世の中も様変わりしているだろう。

キリスト教が盛んとなって、空を飛ぶ人も現れ、地中を移動する人もいる。

気象を自由に操り、死んだ人間を蘇生することも可能である

 

そのまま技術の発展などを表しています。

 

  • 空飛ぶ人:飛行機
  • 地中を移動する人:地下鉄
  • 気象を自由自在に操り:気象兵器の存在?
  • 死んだ人間を蘇生:クローン技術などの遺伝子工学などなど

 

 解釈は人によって違いますが、たいていはこの解釈になります。

技術の進歩

それがこの部分に書かれています。

 

 

その2:日本人の心の衰退?

 

f:id:taurs-0505:20181014110415j:plain

このころは人の心も悪くなっており、世の中の世相も荒れている状態である。

妻は夫のいうことを聞かず、男は髪の毛を伸ばし、青白くやせ細り、戦場でも役に立たなくなる。

 

女はショートカットになり、赤黒く日焼けし露出の大きい衣類を着て、性的に乱れ、両親や夫、自分の子供さえも顧みなくなる。

何かと欧米の流儀を真似て、忠義や孝行、節度などが無くなり、仁や義という概念も失われている

 

 

これは欧米の文化などを取り込みすぎて日本人本来の心を失ってしまうという事を書いてあります。

 

 

その3:日本の人口が半分になる!?

 

こうしていよいよ世の中が衰えてくると。

地、水、火、風の大きな災害が起こり、日本人の10割のうち5割は死んでしまい、異国から軍隊が攻めてくる。

 

天変地異などの自然災害で日本人口の半分が死亡

さらに泣きっ面に蜂のように他国から軍隊が攻め込んでくるというもの。 

 

 

その4:100年苦しむ暗黒の時代の到来

此の時、神の如き大君、世に出で給い、人民悔い改めてこれに従い、世の中、再び正しきに帰らなん。

 

其の間、世の人狂い苦しむこと百年に及ぶべし云々。

 

 

ただし、この苦しみから救ってくれる指導者が現れてくれるがその間まで100年間あり、その間も日本は苦しむことになる。

 

 

”をのこ草子”は本物か?ニセモノか?

 

f:id:taurs-0505:20181103132348j:plain

 

一説には後世で作られたニセモノと言われています。

 

 

ちなみに、ここに来て裏切るようですが管理人は偽物と思ってます。

そもそも、江戸時代は確かに古い時代ですけどそこまで古くもない書物で年代も著者も不明なのは不思議です。

博物館には展示されているといわれていますがそれすらも不明です。

 

 

 

色々なサイトではこの書物に関して発言していますが、おそらくこの書物が実在した可能性は1%あるかないかですかね。

 

 

 

終わりに

”をのこ草子”の本があるわけでもないし、その一部がネットに出回っているわけではないので、真偽を調べることもできません。

なので今回は管理人はあえてあったといいつつ、無い可能性の方にたっています。

 

 

都市伝説はそういったエンターテイメントとして楽しんだ者勝ちです。

あった時はあった時でも簡単に信じないようにしましょう。

 

 

 

*1:出典:噂の都市伝説

[sponser link]