スポンサーリンク

【佐賀女性7人連続殺人事件】ある男性が死刑判決を求刑された未解決事件の詳細

2019年7月25日

こんにちは。タクヤンです。

今回お話しするのは

佐賀女性7人連続殺人事件

 

です。

 

 

事件の概要

【佐賀女性7人連続殺人事件】とは?

”佐賀女性7人連続殺人事件”は1975年から1989年までに佐賀県で発生した7人の女性が殺害された連続殺人事件。

7人のうち6人が水曜日に行方不明になったことから「水曜日の絞殺魔事件」ともいわれています。

 

また、1~4人目の殺害は時効になってしまいましたが、5~7人目は訴追されて「北方事件(きたがたじけん)」ともいわれております。

しかし、犯人が見つからず「未解決事件」となった。

 

 

事件の時系列&犯行の手口

【佐賀女性7人連続殺人事件】 犯人の似顔絵

事件は1975年から始まり、以下の時系列になっている。

 

1件目 1975年8月27日(水)

北方町に当時住んでいた12歳の少女。

家で留守中に行方不明。

その5年後の1980年6月27日に小学校のプール横のトイレの便槽の中で遺体で発見。

2件目 1980年4月12日(土)

白石町に住む当時20歳の女性。

家で留守番中に行方不明。

その約2ヶ月後に町内の小学校の便槽の中で遺体で発見された。

3件目 1981年10月7日(水)

白石町に住む当時27歳の女性。

そして同月21日に中原町の空き地で絞殺遺体で発見。

4件目 1982年2月17日(水)

北茂安町の小学生5年生が下校途中に何者かによって絞殺。

その翌日に遺体で発見された。

5件目 1987年7月8日(水)

武雄市の飲食店従業員48歳が失踪。

2年後の1989年1月27日に北片町大峠の崖下で遺体で発見された。

6件目 1988年12月7日(水)

北方町の主婦50歳が失踪。その日には殺害されたと見られている。

7件目 1989年1月25日(水)

北方町の会社員37歳が失踪。

 

手口は

  1. 夕方~夜
  2. 2人を除いて全員が絞殺されている
  3. 金品目的ではない?

 

 

[スポンサーリンク]

北方事件

【北方事件】 被害者の3名

この事件は1989年1月27日に花を摘んでいた主婦が崖下に投げ落とされた女性の遺体が発見された。

警察が現場に到着した時に新たに2人の遺体が発見されて新たに事件が発覚した。

 

1~4件目と同じ共通点があり、「絞殺」「金品目的ではない」「水曜日に行方不明」「犯行は半径3㎞いない」等ある。

しかし、

  1. 1~4件目: 11~27歳
  2. 5~7件目: 37~50歳

と狙ったターゲットの年齢層が異なることから「つながりはない」という意見もある。

しかし1~4件目と5年の期間が空いているので可能性としては事件が少し沈静したところを狙った可能性も考えられる。

 

 

[スポンサーリンク]

逮捕された男性とその判決

【佐賀女性7人連続殺人事件】 行き過ぎた取り調べ
無罪確定後の松江さん

そして、この事件では以外にもとある男性(松江輝彦さん)が逮捕されて事件は解決か?と思われていました。

その男性は麻薬所持の件で拘留されていた男性で、任意の事情聴取を受けて犯行を認めて「上申書」を記載したが、彼はこのことに対して直ぐに否認に転じた。

警察が「深夜までの取り調べを行い、さらには捜査員による暴力もあり、強制的に書かされた」という行き過ぎた取り調べを行っていたことを逮捕された彼は主張。

 

検察は時効が成立する6時間前にまた北方事件の犯人として以下の理由で逮捕。

  1. 被害者が行方不明になる前に会っている
  2. 被害者は殺害された際に失禁しており、容疑者の車の助手席から尿が検出された
  3. 被害者の唾液が体に付着していた
  4. アリバイを何度も変えている

そして佐賀地裁に対して「死刑判決」を求刑した。

 

 

だが、佐賀地裁は死刑判決に対して無罪判決を出し、検察は控訴。

さらに福岡高裁では「決定的な客観的な証拠は皆無。供述書程度の証拠では重大事件について有罪とすることは刑事裁判の鉄則に照らしてできない」と述べて無罪判決を支持し無罪が確定した。

そして、彼は464日間拘置されており佐賀地裁は刑事補償法に基づいて国が男性に対して580万円を支払うことを決定した。

 

 

[スポンサーリンク]

終わりに

この事件は犯人も許せないですが、検察側の行き過ぎた取り調べは本当に許せないですね。

足利事件などで冤罪もあるなかで、もしこの事件の判決が死刑判決が決まってしまったら、証拠不十分の中で一人の男性が死刑されることになります。

 

そして、事情聴取の透明化も注目された事件でもありますが、結局のところ犯人が見つからずもしかしたら犯人は今も生きているかもしれないという事件。

やはり取調室の録音や録画は必ず許可するべきだと思います。

スポンサーリンク

日本

Posted by taurs0505