スポンサーリンク

【縛りなしwifi】違約金・契約期間縛りなしでネットを利用できるサービスの紹介!!

2019年7月26日

スポンサーリンク

こんにちは^^タクヤンです。

今回お話しするのは

 

縛りなしWiFi

NO MOBILE NO LIFE

 

です。

悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

縛りなしWiFiとは?

縛りなしwifiとは?

 

「縛りなしwifi」は株式会社クーペックスから提供されている「ポケットwifi」のプロバイダー会社。

「4つのスタンス」があり、新しく出てきたサービスとして注目を浴びています。

  1. 通信制限なし
  2. 契約期間の縛りなし
  3. 最短当日発送、翌日到着
  4. 端末本体代金なし

 

 

 

 

縛りなしwifiの料金と特徴

特徴の1つの料金体系。

例えば「GMO とくとくBB」は初めの2か月は2170円でその後は徐々に利用料金が増えていきますがこの「縛りなしwifi」では2つのプランが用意されています。

お支払いは「クレジットカードのみ」となります。

 

縛りなしプラン

  • 契約初月は3300円の日割り計算
  • 1年間は月額3300円(初期費用無料)
  • 1年目以降は月額2800円

という料金体系。これが1つ目のプランで、契約期間がないという点が大きいです。

そして、結構お値段としてはお得な料金となっています。

 

 

NEW!! 縛っちゃうプラン

このプランは短期だけの利用だけでなく、長期的な利用を考えている人向けとなっており、こちらは以下の特徴があります。

  1. 初期費用なし
  2. 契約期間3年
  3. 契約解除料:15000円
  4. 端末は601HWシリーズ
  5. 月額料金は永遠2800円

と、「縛りなし」なのに縛るという矛盾したプランですが、料金的には悪くないと思いますが、契約期間が無いというメリットを壊してしまうのはもったいないと思います。

 

 

[スポンサーリンク]

契約期間は?

縛りなしwifiは契約期間が存在しない!!

普通のWiMAXのサービスを提供している他の会社契約期間は「2~3年」となっており、これは「2~3年は必ず契約してね♪解約したら解約金払ってね♪」という意味での「契約期間」となります。

 

しかしこの「縛りなしWi-Fi」にはその「契約期間」の縛りが存在しません。

そう・・・・いつでも「解約」が出来るという特徴があり、「契約期間」は「あなたの好きな期間」ということです。

とはいっても、新しいプランの「縛っちゃうプラン」は残念ながら3年の契約期間が存在します。

 

 

 

[スポンサーリンク]

その他細かいオプションプラン

 

安心サポートプラン 端末を紛失した時に発生する「39800円」の負担金が月額500円の追加料金で「10000円」に軽減可能!
モバイルバッテリー 外出先でWiFiを使う場合、バッテリーの消費量も多いです。

そこで月額300円の追加料金で「モバイルバッテリー」が付いてきます!!

 

 

 

[スポンサーリンク]

端末は何が使えるの?

縛りなしWiFiで利用できる端末 Pocket WiFi 603HWPocket WiFi 603HW

超高速下り最大: 612Mbps

同時接続数:   13台

連続通信時間: 訳8.5時間

待受連続時間: 訳850時間

縛りなしWiFiで利用できる端末 Speed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi NEXT W04

超高速下り最大: 440Mbps

同時接続数:   10台

連続通信時間: 訳10.5時間

待受連続時間: 訳850時間

縛りなしWiFiで利用できる端末 Speed Wi-Fi NEXT WX05Speed Wi-Fi NEXT WX05

超高速下り最大: 440Mbps

同時接続数:   10台

連続通信時間: 訳14時間

待受連続時間: 訳700時間

縛りなしWiFiで利用できる端末 Pocket WiFi 502HWPocket WiFi 502HW

超高速下り最大: 612Mbps

同時接続数:   10台

連続通信時間: 訳10時間

待受連続時間: 訳850時間

 

 

 

縛りなしwifiのここがいいメリット‼

ではそんな「縛りなしwifi」のメリットを紹介していきます。

 

[スポンサーリンク]

メリット1:圧倒的安値

縛りなしwifiは1年間利用した際の費用は安い!!

まず「解約金なし」ということから生まれたメリット。

初めの1年間で解約した場合は

  • 最小:1万8960円
  • 最大:4万4760円

と他社と比べても2万円のメリットがあります。

そして、他のプロバイダは「キャッシュバックキャンペーン」などを受け取って初めて「お得」となるんですが、この「縛りなしWiFi」ではそういったキャンペーンの手続きをしなくてもこの「お得」を感じれます。

 

 

[スポンサーリンク]

メリット2:縛りなしwifiには違約金が発生しない

縛りなしwifiは違約金・縛りなしのメリットがある!!

これは次と合わせても大きなメリットとも言えます。

解約金は一般プロバイダでは「約1万~2万円」程かかってしまいます。

なので一度契約してしまえば契約期間が終わるまで他のプロバイダに乗り換えはちょっとリスキーになります。

しかしこのプロバイダでは「解約金が0円」なので他のプロバイダへの乗り換えも簡単にできます。

これは嬉しい!

 

 

[スポンサーリンク]

メリット3:月間通信制限なしのプランでお徳な値段

本来であれば他の契約内容では「月に7GBの容量を超えたら通信制限ね」というデメリットが存在します。

しかしこのサービスでもその「月7GBの通信制限」は存在しません。

さらに、「7GB」の平均利用料金と「縛りなしWiFi」の利用料金は殆ど同じであり、論より証拠。

以下の表は、他のプロパイダを3年利用した時の月平均金額となります。

 

項目 ギガ放題プラン 7GBプラン
UQ WiMAX2+ 4538円 3911円
BIGLOBE

WiMAX2+

3591円

3703円

2945円

3058円

GMO

とくとくBB

3304円

3648円

2677円

2902円

Broad

WiMAX2+

5062円

4180円

4415円

3533円

@nifty

WiMAX2+

3559円 2917円
So-net

WiMAX2+

3703円 3103円
DTI

WiMAX2+

3601円 3638円
novas

WiMAX2+

 3996円 3682円
Smafi

WiMAX

 3673円 3100円
カシモWiMAX  3704円

3685円

3088円

3068円

FUJI Wifi 3255円 ・・・・
hi-ho WiMAX

ギガ放題プラン

4048円

3752円

 ・・・・
縛りなしWiFi 2987円  ・・・・

 

ちなみに、

  • WiMAX自体に「3日で10GBの通信料を超えると速度制限が課せられる
  • SoftBank自体に「1日で3GBの通信料を超えると速度制限が課せられる

というのは変わりません。

もし1年契約で比較しても他のプロバイダなら「違約金」が発生してしまい、「月利用料金」が高くなってしまいます。

つまり、先ほどの違約金なしと合わせると縛りなしWiFiの大きなメリットがここになります。

 

 

これは残念?縛りなしwifiのデメリット

当然メリットのように都合のいいことばかりではありません。

安いという言葉にはいろいろと問題点や不都合な点も出てきてしまいます。

 

 

[スポンサーリンク]

デメリット1:キャッシュバックキャンペーンなし

縛りなしwifiのデメリット

これだけ料金が安くて「キャッシュバックもあれば完璧・・・・」とまではいきません。

さすがにそこまで都合のいい話はありません。

残念なことにこの「縛りなしWi-Fi」は「キャッシュバックキャンペーン」というものが存在しません。

  • 契約期間の縛りなし
  • 解約違約金なし
  • 月間通信制限なし

これらすべてがキャッシュバックの代わりと思っていいでしょう。

実際メリットに直結するのがここになります。

 

 

デメリット2:縛りなしwifiでは端末の指定はできない

残念なことに、このプロバイダーでは「ポケットWi-Fi」の端末を自分で選ぶことが出来ないことになっている。

それだとエリアによって通信状況変わるやん

これもデメリット大きいですよね。

これは「WiMAX」か「SoftBank」の回線どちらかを選べるので、申し込みの後に問い合わせる必要がございます。

まずは住んでいる地域の確認から行いましょう。

そして在庫によっては地域の回線とは違う回線の端末が送られてきますが、やはり安いというのにはデメリットがつきものですね。

 

 

[スポンサーリンク]

デメリット3:回線によって速度制限が変わる

縛りなしwifiは回線によって通信制限が違う

先ほども書きましたが、「WiMAX」や「SoftBank」はそれぞれ速度制限が違います。

  • WiMAX自体に「3日で10GBの通信料を超えると速度制限が課せられる
  • SoftBank自体に「1日で3GBの通信料を超えると速度制限が課せられる

WiMAXは翌日の18時から2時の間まで約1Mbpsに通信制限

SoftBank回線は3GBを超えたら、当日128kbps以下に速度制限されます。

 

 

[スポンサーリンク]

デメリット4:縛りなしwifiには最新端末が無い

2019年6月段階ではまだW06が配備されていないので、最新端末を絶対に使うという方にとってはデメリットになります。

 

 

縛りなしwifiの評判

縛りなしwifiの評判

縛りなしwifiの評判

まだ情報はそこまで多くはありませんが、他のサイトさんでもおおむね良好な評価を得ていると思います。

ですが、iPhoneの充電ケーブルがないという公式サイトの記載と少し相違があるという言葉もありますが、その点だけを目を瞑ればどのプロバイダとも肩を並べるほどのサービスです。

 

 

縛りなしwifiは引っ越して回線工事が終わっていない方など短期利用者にもおススメ!!

管理人にもありましたが引っ越して直ぐにインターネット回線工事は行われません。

僕が立ち合いの元で工事をするので、引っ越して初めの約1ヵ月ぐらいは回線工事が出来ずに大学までWi-Fiを繋ぎに行ってました。

正直地獄でした。

なので、管理人の体験談からも踏まえますと

 

1~2ヶ月ネットの回線工事が終わらない

ネット回線を乗り換える間の短期間

安くネット回線を使いたい

1年未満の契約で十分だと考えている人

 

などと言った短い時間家のネット回線が使えない方や,契約期間に縛られたくない人にはこの「縛りなしwifi」はおススメです。

気になる方は下のリンクから見に行くことが出来ます!!

 

 

 

  1. 【Smafi WiMAX】WiMAXをずっと定額で利用できるサービスの紹介!!
  2. 「hi-ho WiMAX2+ ギガ放題プラン」ずっと定額でネットが使えるサービスとは?メリット・デメリットを解説!!

スポンサーリンク