スポンサーリンク

【This Man】夢の中の男とはなんなのか?正体も判明した!?

2018年9月28日

こんにちは^^タクヤンです。

今回は管理人がアプリなどで知ることができた都市伝説を紹介していきます。

今回の話は

This Man

 のお話です。

(都市伝説なので生暖かい目で見てやってください。)

 

 

*1

都市伝説の「This Man」とは?

都市伝説の「This Man」とは?

この画像の男をあなたは見た事がありますか?

  • 「見た事がない」
  • 「見た事がある」

など意見は二つに分かれると思います。

そうです。
まさにこの男こそが「実在しているかどうか分からない夢の中の男 This Man」なのである。

この男の目撃情報が上がったのが2006年1月、ニューヨークの精神科にある一人の女性が訪れた。
その女性は「現実に逢った事のない男が夢に現れる」と言い、先ほどの男の似顔絵を描いたのである。

そして女性はそのまま立ち去り、精神分析医がその似顔絵を机に置いたままにしていた所、別の患者がこの絵を見てしまいこう言った。

この男を私は夢の中で見た!夢に出てくる男だ!

と・・・。

当然分析医は驚いて、他の医師と相談して他の患者にこの絵を見せたところ、4人の患者が同じ様に

この男を頻繁に見る

と答えた。

 

 

「This Man」を見つけるために世間は様々な活動を始めた

「This Man」を見つけるために世間は様々な活動を始めた

そこで分析医たちはこの男の正体を探り、実際に見つけるために「This Man」と名付けて、ウェブサイトまで作成し公開したのであった。
こうした活動を続ける中で、2006年1月から今に至るまで世界各国から目撃証言は寄せられていて、証言は「アメリカ、中国、ローマ、ロシア、フランス」など少なくとも2000人近くいる
思われる。

 

「This Man」に遭遇した人の証言は色々あり

  1. 「人生のアドバイスをしてきた」
  2. 「窓の外からずっとこちらを凝視してきた」
  3. 「夢の中でそばに座っていた」
  4. 「彼と恋に落ちた」

などなど「This Man」の役割自体は不明だが夢の中でもあるので一様にして「不気味である」・・・・という点は変わらないのである。

捜索活動自体もインターネットだけでなく、数か国ではポスターを貼るなどして情報を集めている。
勿論、探してどうするつもりなのか?という話ではあるが、運営者たちは2つの目的があるようで

  • 1つ目:「『This Man』に遭遇して怖い思いをしている人を孤立させない
  • 2つ目:「世界中の人が同じ人物に夢の中で出会うという謎を解明する」

となっている。

そして、この「This Man」には色々な説があるので、1つ1つ取り上げていこう。

 

 

[スポンサーリンク]

正体1:宇宙生命体説

「this man」の正体1:宇宙生命体説

そう、まさに地球外生命体が私たちにコンタクト、つまり接触する際に一番人間らしい姿で、私たちが驚かないようにあらかじめ自分たちの存在を刷り込ませるというもの。

宇宙人の姿はグレイ星人というよくみる宇宙人の姿だが、もしかしたらこういった潜在意識の中に潜り込んで私たちにその姿を徐々に刷り込ませているのである。

 

 

[スポンサーリンク]

正体2:地球上の未知の生命体説

「this man」の正体2:地球上の未知の生命体説

これは未確認生物、通称UMAであるが宇宙生命体もUMAの一種なので正直二つ同じでよかったのでは?とも思っている。

UMAにはこういった生物も少なからず存在しており、もしかしたら人の夢の中を渡り歩く生命体・・・・。
まるでタイムトラベラーのように人の夢から夢へ出歩いている旅人なのかもしれない。

 

 

[スポンサーリンク]

正体3:政府による実験で生まれた説

「this man」の正体3:政府による実験で生まれた説

これが都市伝説業界では一番有名で、政府による洗脳実験のただの洗脳実験なのではなく世界規模での実験でもある。

 

要は特殊な電波を流して人の意識の中に1つのイメージを流し込み、全員の行動をまとめ上げようとするもの。
でもこんな実験は誰が得するのか?という話です。

でも考えたことありませんか?

 

 

世界には裏で世界征服を企む組織が存在していると・・・・・
しかもそれが世界中を裏で操っている組織で、新しい世界体制を作り上げるのに色々な方法で人々を一つにまとめ上げようとしていたら・・・・。

もしかしたらこの実験だけでなく、ほかの実験でも皆さんはすでに洗脳とまではいきませんが情報操作を潜在意識の中に刷り込まれているのかもしれません・・・・・・。

 

 

その他「This Man」の正体説

 

この他にも様々な正体の説が挙げられており

  1. ストレスを感じる状況で誰もが夢に見る元型の「元型論」
  2. 人々の夢の中を歩いて渡る「ドリーム・サーファー」
  3. 現実世界の「This Man」らしき人物を夢で見たという「後付け説」
  4. 様々な人の夢の中に現れることから「この世の創造神説」
  5. 「This Man」のサイトでこの顔を見た印象が夢の中に現れた「夢のイミテーション説

などなど正直突拍子もなく吹っ飛んだ正体説ばかりでした。

 

 

[スポンサーリンク]

「This Man」の正体が判明した?

「This Man」の正体がやっと判明した?

ここまで来たら話すしかありません。

「This Man」の正体はとある実験で生まれた男性です。

というのも、イタリア人のマーケティング専門家のアンドレア・ナテッラ氏という男性が、

ガセネタがどれぐらいの速さで拡散されるのか?

という実験を行いました。

 

さらに広告代理店の社長でもあった彼が「バイラル・マーケティング」という感染的な商品宣伝

つまり、口コミなどを利用して安く商品やサービスを広めるための手法としてこの実験を行いました。

 

しかも、この「This Man」の画像は本人の自画像でもあります。

どうであれ、今ではこのナテッラ氏が「This Man」の正体と言われています。

 

 

 

[スポンサーリンク]

「this man その顔を見たものには死を」という漫画の感想

 

そして、この「this man」が元となった漫画があり、それが「this man その顔を見たものには死を」というタイトルの漫画で、作者は「恵広史」と「花林ソラ」さんです。

犯人の似顔絵を描くことで犯人逮捕の大きな手助けとなる捜査官天野斗がとある少女明里星子が見た謎の男の似顔絵を描くと2006年にニューヨークで流行した「This Man」にそっくりであった。

 

そこから彼らは「This Man」に命を狙われるようになった。

とサスペンスホラーなんですが、この漫画を読んだ感想としては「誰が敵で誰が味方なのか?」というのが上手く描かれています。

 

警察官も敵,金目当ての世間も敵,幼馴染たちも敵,信じられるのはお互いと自分たちの力のみ。

その孤立した中で「This Man」の正体に近づいていくのを見るのが楽しいです。

 

助けもないのに彼らがどうやって切り抜けていくのか・・・・そういったものを楽しめる作品です。

 

1巻無料で公開中!!漫画で「this man」を見るならココから!!

 

 

[スポンサーリンク]

終わりに

この「This Man」という男の話を聞いて画像を見た時、本当に背筋がゾクってきました。

でも、真実を知ってしまえばなんだそんなことか・・・・。

しかし陰謀論者たちは黙ってません。

いや、これは政府が隠すために嘘をついている

という言葉も少なくはないです。

まぁ、そういうもんだとして都市伝説は楽しみましょう。

いわゆる「釣り」です。

今の日本でやれば炎上間違いなしですけど・・・・。

 

⇒⇒次によく読まれる記事

  1. 【サン・ジェルマン伯爵】何百年も生きる不老不死の男とはいったい何者なのか?
  2. 【都市伝説】ヒトラーの都市伝説と彼の死の裏で暗躍する謎の組織がいた!?

*1:出典:噂の都市伝説

スポンサーリンク