スポンサーリンク

直帰率と離脱率の違いは何なのか?例えを使って分かりやすく解説!

2018年10月19日

こんにちは^^タクヤンです。

今回解説するのは

直帰率と離脱率の違い

です。

この違いをしっかりと覚えてブログ生活に役立てましょう。

 

 

直帰率とは?意味とその計算方法

直帰率の詳しい説明やそのSEOへの影響は下の記事で可能な限り解説してます。

 

でも一応もう一度簡単に解説します。

直帰率は物凄く簡単に説明すると画像のようになります。

  • ①:ある人がAというページを最初に見ました
  • ②:そこからBには行かずにブラウザバックした

このように初めに訪れたページから何もせずにそのままサイトを離れていった割合を数値にしたのが直帰率です。

20人の内、10人がこの行動をするとAのページの直帰率は50%となります。

案外簡単ですよね?

 

 

[スポンサーリンク]

離脱率とは?意味とその計算方法

この離脱率は少し厄介です。

離脱率は、個々のページのすべてのページビューで、そのページがセッションの最後のページになった割合を示します。

by Googleサポート

これでは分かりづらいと思います。

 

なので「A,B,C」のページを持っているサイトの例で考えましょう。

今あなたが「A、B、C」のページを3日で以下の順番で回ったとします

  • 1日目: A→離脱
  • 2日目: B→A→C→離脱
  • 3日目: C→離脱

質問です。

 

それぞれのページの離脱率は何%でしょうか?

  • A:50% B:0% C:50%
  • A:100% B:50% C:100%
  • A:50% B:0% C:100%

正解は「3番目」です。

 

解説も入れます。

  • Aは3日で2回見ています。そしてAが最後のページになったのは1回です。なのでAの離脱率は50%
  • Bは3日で1回しか見ていませんが、Bが最後のページになった回数は0回です。なのでBの離脱率は0%
  • Cは3日で2回見ていますが、Cが最後のページになった回数は2回です。なのでCの離脱率は100%

離脱率の計算に関しては分かりましたか?

 

 

「直帰率」や「離脱率」をGoogleアナリティクスで確認する方法

「直帰率」や「離脱率」をGoogleアナリティクスで確認する方法

この2つの情報を調べるにはGoogleアナリティクスで「行動⇒サイトコンテンツ⇒すべてのページ」で確認することが出来ます。

このページで

  1. 各ページにおける直帰率
  2. 各ページの離脱率
  3. 各ページの平均滞在時間

などなど確認することが出来ますが、「ランディングページ」や「離脱率」などのページでも同じように確認することが出来ます。

 

 

[スポンサーリンク]

ブログにおいて離脱と見なされるのは?

そして、ブログでは「離脱」という単語は「サイトから出ていく」という意味です。

「自分のサイトのAからBへ移動」は離脱ではなく「ページの移動」で、「自分のサイトから違うサイトへ移動」は「離脱」となります。

そして以下が離脱となる条件です。

  • ブラウザの「戻る」で前の ページ(サイト外)に戻ること
  • サイト内に貼られた別サイトのリンクを踏んで別の ページに行くこと
  • ブラウザを閉じること
  • あるぺージで何もしないまま30分間経過すること
  • セッション中に午前0時を迎えること

どれかでも満たすと離脱と見なされます。

 

 

[スポンサーリンク]

離脱率と直帰率の違いは何なのか?

そして、直帰率と離脱率の違うところは

  • 直帰率は初めにそのページで始まったセッションのみで計算します
  • 離脱率は全てのセッションで訪れた全てのページで計算に入れます

簡単な説明が出来ずに申し訳ありません。

 

この2つの違いも実際に例を出した方が分かりやすいでしょう。

では「A、B、C」というページを同じように4日で考えてみます。

  • 1日目: A→離脱
  • 2日目: C→B→離脱
  • 3日目: A→C→B→離脱
  • 4日目: B→A→離脱

物凄く簡単な問題で、「A、B、C」ページの直帰率はいくらでしょう?

 

 

答え
  • Aが50%
  • B、Cは共に0%

~解説~

まず、4日のセッションはどのページから始まってますか?

  • 1日目はA
  • 2日目はC
  • 3日目はA
  • 4日目はB

直帰率はこのように最初に訪れてから離脱したページを計算に入れるんです。

1日目以外は違うページに移動しています。

なので「Aは2回のアクセスの内、1回はそのまま帰っていったのでAの直帰率は50%、それ以外の直帰率は0%」となります。

 

では次に離脱率はそれぞれ何%でしょうか?

答えは

  • Aが66%
  • Bが66%
  • Cが0%

では、解説です。

まず、4日であなたが訪れたページをもう一度見ましょう。

  • 1日目: A→離脱
  • 2日目: C→B→離脱
  • 3日目: A→C→B→離脱
  • 4日目: B→A→離脱

離脱率は訪れたすべてのページの回数を計算に入れます。

  • Aは4日で3回訪ねています
  • Bは4日で3回訪ねています
  • Cは4日で2回訪ねています

このうち、最期に訪れたページの回数は「Aが2回」、「Bが2回」、「Cが0回」

なので離脱率はそれぞれ

  • Aは約66%
  • Bは約66%
  • Cは0%

となります。

手軽にホームページ検索順位を自分であげる【集客職人 RankingCoach】

 

 

[スポンサーリンク]

直帰率と離脱率はどちらを重要視すべきか?

ブログにおいては直帰率の方が離脱率よりも大切なように考えれます。

しかしながら直帰率や離脱率などはサイトの構成によって重要視するべきかしないかが変わってきます。

 

もし、複数ページを見ることを前提としたブログを作っていた場合は直帰率が高いのは最悪です。

しかし、「1ページだけ見てもらえれば大丈夫」といったブログを作っていたなら直帰率が高くてもさほど問題はありません

その場合、問題になるのは「ページ滞在時間」です。

 

 

⇒⇒次によく読まれる記事

  1. ブログを始める初心者なら雑記ブログと特化ブログのどちらがいいのか?
  2. 【アフィリエイト】ゲームアプリの紹介で果たして稼げるのか?メリットとデメリットを紹介

スポンサーリンク