スポンサーリンク

【ポポバワ】男性のお尻を狙う謎のUMAとは何なのか?

2019年7月21日

今回は

男性のお尻を狙うUMA

ポポバワ

 というUMAについて説明しましょう。

 

*1

 

”ポポバワ”というUMAとは?

ポポバワとは?

ポポバワ”とはタンザニアのザンジバル諸島にいるといわれているUMAです。

スワヒリ語で「コウモリと翼」という意味なんですが、このUMAの姿はまさにその言葉通りの生物です。

  • 小柄
  • コウモリのような翼と鉤爪
  • とがった耳
  • 単眼
  • 大きな生殖器を持つ

 

この生物が現れるときはひと吹きの煙とともに刺激臭が立ち込めるので暗闇でも近づいてきたというのが分かるそうです。

しかし昼間は人間の姿をしている指だけは鉤爪のままだそうだ。

もうちょっと頑張れよ・・・・。

 

 

ポポバワに危険性はあるか?

ポポバワの危険性

この”ポポバワ”はかなりヤバいUMAです。

人の命を奪うとかではありませんが、違うものが奪われます。

それは

 

深夜室内に侵入して寝ている男性に覆い被さり強姦するというもの。

この時なんと女性には見向きもしないという。

 

そして強姦後「このことを発表しないとまた来る!!」と脅しをかけて去っていくのである。

本当にはた迷惑な強姦魔であるが、無差別に行うのではなくなぜか「ザンジバルの選挙期間、かつまじめに投票を行った有権者の男性」が狙われやすいという。

日本で言うと選挙に行ったら夜大きい生殖器を持った化け物に強姦されるという最悪なUMAである。

このポポバワから逃れるには

  • コーランを唱える
  • 寝る前にブタの油を塗りこんでおく
  • 一部では焚火の横で寝る

などなど色々な対策があるそうです。

 

 

[スポンサーリンク]

いつ発見された?

 

初めてこの生物が見つかったのは1972年でその後目撃回数は増えて行って1980年代がピークだったそうです。

でも2000年以降も目撃証言や被害者は後を絶たないそうで、さらに政治的緊張が高まると出現回数が増えるそうです。

 

 

終わりに

 

確かにこれだけ調べてみると、UMAというよりも選挙の出馬者がレイプ犯を雇っただけじゃね?

とも思いましたが、それでも最悪なUMAですね。

 

というかどうやったらこんなUMAが生まれてしまったのか全くの不明です。

たまたま同性愛者の方がこの国でこの選挙時期の時、男性をたまたまレイプしたからなんでしょうか?

外見も見違えた最初の人からの言い伝えで徐々に変化してしまい今のようになったんでしょうね・・・・。

イエティやネッシーなどがまだ優しいUMAに見えてくるのは気のせいでしょうか?

他のUMAを知らないだけで他にももっと危険なUMAがいるんでしょうか?

 

他のUMAも掲載中!!

  1. 【ブラック・ドッグ】不吉の象徴とされているUMAとは?
  2. 【マニポゴ】カナダに生息する蛇のようなUMAとは何なのか?

 

*1:出典:都市伝説ファイル

スポンサーリンク

UMA

Posted by taurs-0505