タクヤンの情報発信部屋

色々な分野での生活をちょっとでもよくする?情報を毎日配信予定

~Sponsored Link~

  • f:id:taurs-0505:20180921005715p:plain
  • f:id:taurs-0505:20181004141436p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202405p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921195025p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202409p:plain

”ドーバーデーモン”というUMAの正体とは?

こんにちは^^タクヤンです。

 

 

今回は

 

 

UMA

ドーバーデーモン

 

 

 というUMAについて説明しましょう。

 

 

 *1

 

 

 

”ドーバーデーモン”とは?

f:id:taurs-0505:20180818120337j:plain

(目撃者によるスケッチ)

 

ドーバーデーモン”はアメリカのマサチューセッツ州ドーバーで、5人の人に目撃された未確認生物のこと。

 

 

名前の由来は発見された地名から来ています。

生物としてはあり得るのかと思えるほど結構珍しい特徴がある。

  • 体長:約1m
  • 灰色でスイカの様な頭
  • 大きな赤い目
  • 鼻や口がない
  • 四本の指には水かき
  • 全体的にヌメヌメ

 

皮膚呼吸なのかとも思えるほどの特徴ですね。

次に、この生物の発見の歴史は案外最近である。

 

 

いつごろ発見されたか?

 

1977年4月21日マサチューセッツ州ボストンの南西24㎞ほどの所に位置するドーバーにおいて当時17歳のウィリアム・バーレットは友人と夜のドライブに出ていた。

 

 

そして午後10時半ごろにその事件が起きた。

彼らは軽快にファーム・ストリートを飛ばして北上していた時に6m先の石塀の上を犬か猫と思わしき生物が歩いていたとのこと。

 

ヘッドライトでその生物が照らされた瞬間、それは車の方を振り向いた時にその生物をしっかりと確認した。

 

それは

胴体とほぼ同じ大きさの頭部か細い首や手足。オレンジ色のビー玉のように明るく光る大きな目、しかしまぶたは存在しない

さらに、鼻や口、耳などハッキリと断定できるものなどはなかった

 

 

さらにこの2時間後にこの生物は2km先の地点でもう一度目撃されている。

 

危険性は?

 

f:id:taurs-0505:20180818121041j:plain

 

 

どうやら目撃情報はオーストラリアでもあるそうで、そちらではなんと”ドーバーデーモン”らしき生物が民家に放火しているという動画があった。

 

動画は現在では見ることは出来なかったので真偽のほどは不明だが、詳細は簡単にまとめると以下のようになる。

 

 

オーストラリアの青年が新しく買ったビデオカメラでペットの猫を撮影中に起きたという。

 

草むらからドーバーデーモンらしき生物が頭をひょっこりと出している生物が映し出されており、さらに奥の上空には2機のUFOが漂っている。

 

しかし生物はカメラに気が付いたのか姿を隠してしまう。

しばらくするとなんと先ほどの生物がまた現れてなんと赤いレーザーのような光を青年に向けて照射

 

すると家の壁が燃え上がるという。

青年はすぐに火を消して家の中から様子を窺っているとUFOらしき物体が草むらに放火している様子が映し出されており、そのあたりで映像は終わっているという。

 

 

 

 

 

 

 

ばりばり危険生物やん・・・・・。

とはいってもこれが本当に”ドーバーデーモン”であるという証拠は一切ありません。

 

本当なら危険性が高いUMAですが、違うならまだ危険性が分からないUMAです。

 

 

正体は?

 

正体についてはグレイに似た外見から宇宙生物説

ヘラジカの子供に似ているとの話があるがそれと見間違えたという説もある。

逃亡した猿、もしくは逃亡した実験生物などの話もある。

 

 

しかしオーストラリアの動画が本当なら宇宙生物説の方が濃厚になってしまいますね。

 

終わりに

 

 ”ドーバーデーモン”。

どっかで見たことあるな・・・・と思ったらSCP-040-JPの「ねこです」に似ているなと思いました。

 

 

 

似ている?似ていない?

似ていないなら本当にごめんなさい・・・・。

 

 

というわけでまた次回もお会いしましょう。

 

*1:出典:都市伝説ファイル

[sponser link]