スポンサーリンク

【ワグナー事件】ドイツで起きた大量殺人事件の詳細と津山事件の詳細は?

スポンサーリンク

こんにちは。タクヤンです。

今回お話しするのは

ドイツで起きた大量殺人事件

ワグナー事件

です。

 

 

ワグナー事件の概要

ワグナー事件の概要
ミュールハウゼン村の町役場

ワグナー事件は1913年にドイツのバーデン=ヴェルテンベルク州のミュールハウゼン村で発生した大量殺人事件。

この事件は1938年5月21日に日本で発生した「津山事件」と色々な共通点があると指摘された事件です。

 

 

ワグナー事件の犯人「エルンスト・アウグスト・ワグナー」の生い立ち

ワグナー事件の犯人「エルンスト・アウグスト・ワグナー」の生い立ち

犯人の「エルンスト・アウグスト・ワグナー」は1874年9月22日にバーデン=ヴェルテンエルグ州のエグロスハイムという村で貧農の10人兄弟の9番目に生まれた。

 

父は飲酒好きで自惚れ気味の性格、そして母は愚痴をいつもこぼす陰湿な性格の持ち主

ワグナーが2歳の時に父が他界し、母は再婚したが結局7歳の時に離婚し家族は極貧のままだった。

ワグナー自体は成績は優秀であるが名誉欲が激しく強く,異性への関心も強く、18歳のころからコンプレックスを抱くようになった。

 

20歳で教員試験に合格した彼は各地で教鞭をとり、周囲からは「礼儀正しく穏やかで、したしみを持てる人物」といった評価を得ていた。

しかしその内面は上昇志向が強く,他人を軽蔑し知識人を気取るなど過剰な自意識を抱いていた。

さらには文学への関心も強く、この頃から多くの詩や戯曲を執筆するようにもなった。

 

1901年にワグナーは事件の村に転任してきて、そこの居酒屋の村娘と肉体的関係を持ち妊娠させてしまう。

彼に勿論愛情などは抱いていなかったが娘から結婚を迫られ、周囲からの勧めもあり結婚をしたが上司にバレて翌年に別の村に転任となった。

 

 

[スポンサーリンク]

ワグナー事件の詳細と犯行で使われた凶器

ワグナー事件の詳細と犯行で使われた凶器
実際に使われた凶器の1つのモーゼルC96

ワグナーは事件発生年1913年の9月14日朝5時ごろに妻と自分の4人の子供を刺殺

その後自転車でシュトゥットガルトしに向かったワグナーは電車で12㎞北上したルートヴィヒル市に向かった。

その街で軽い食事を済ませ、親戚に「村に行って子供を迎えに行く」と伝えて村に向かったワグナーは夜11:00にミュールハウゼン村に到着。

 

事件で使われた武器は

  1. 銃3丁
  2. 実弾500発
  3. 拳銃2丁
  4. リボルバー1丁

などなど。

 

そして村に到着したワグナーは村のあちこちで放火し、炎から逃げ回った住民を無差別に銃撃

男性のみを殺害しようとしたが女性が死者に含まれてしまい、村の家畜数匹も負傷。

被害者の大半は心臓を撃ち抜かれ、死者9名、12名の重傷者を出した。

ワグナーは結局村の怒り狂った住人や警官たちに打ちのめされ、半殺しにされ重傷を負った。

その時の負傷が元で左腕を後程切断手術を受けています。

 

 

[スポンサーリンク]

ワグナー事件の犯人の犯行動機

ワグナー事件の犯人の犯行動機

ワグナーは精神鑑定を行われ、判明したことは「ミュールハウゼン村に教師としと赴任した時に酒に酔って獣姦を行ったといわれその噂が村に知れ渡り迫害されているように思いこむようになった。

そして家族を道連れにして自殺しようとし、さらには村人に復讐しようと計画したのが犯行動機。

子供を殺したのは「自分が死んだあと生きるのが辛いだろうと思ったため」となんとも自分勝手な理由である。

 

 

だが、この獣姦行為自体もワグナーが明らかにしただけで結局本当に行為があったかどうかは不明

確認することも不明だが、可能性としてはただの被害妄想からの犯行の可能性も高い

 

 

[スポンサーリンク]

ワグナー事件での裁判と判決

ワグナー事件での裁判と判決

事件の裁判では彼の責任能力がないことが認められてワグナーは免訴され、ヴィンネンデンの療養所で一人部屋に収監された。

この事件はバーデン=ヴェルテンベルク州の司法史上責任能力がないということで免訴された初めての事例であった。

 

 

だが、ワグナー自体は死刑を望んでいたので精神鑑定を行った精神科医を憎悪していた。

生かされただけでもありがたいと思えと言いたくなる身勝手さです。

 

 

[スポンサーリンク]

事件後の影響とその後

この事件は1919年にドイツの作家ヘルマン・ヘッセが「クラインとワグナー」でこの事件について記しており、さらにオーストリアの作家フランツ・ヴェルフェルは精神患者が主人公の戯曲「沈黙の人」を作曲した。

ワグナーはこの作品は自分の戯曲の盗作だ!!と強く批判した。

 

そんなワグナーは療養所内で多くの戯曲を自ら執筆し、この戯曲を上演してほしいと頼んだが丁寧に断られた。

そして1938年に結核で療養所で死亡した。

 

 

終わりに

津山事件でこの事件のことを知って調べていると確かに共通するような点もいくつかありました。

こういった馬鹿みたいに極度なナルシストで自意識過剰な性格も怖いということが分かりますね。

 

 

⇒⇒次によく読まれる記事

  1. 【世界の犯罪】シスター・ヴィルジーニャと悲惨な事件とは?
  2. 【ハローキティ殺人事件/画像あり】検索してはいけない言葉でもある悲惨な事件の詳細と結末とは?

スポンサーリンク

世界

Posted by taurs0505