スポンサーリンク

RSSとは何なのか?基本情報や今の現状を分かりやすく解説

2017年11月23日

こんにちは^^タクヤンです。

今回お話するのは

RSSのお話

です。

ブログを運営する人にとっては知っておいたほうがいい話です。

 

 

そもそもRSSとは?

そもそもRSSとは?

そそもRSSとは何なのか?という話なんですが、相互RSSは相互リンクと違い、ブログの更新情報を伝える為のブログの文章機能の1つです。

ブログを更新したらその更新した情報を自動で配信してくれるのでかつてはその猛威を振るっていました。

そのRSSではブログの主に以下のことを伝えてくれます。

  • 記事のタイトル
  • 記事の更新日
  • 記事の内容の概要

これらは自分のブログにアクセスを呼び寄せるための重要な要素でこれで興味を引いて読者を呼び寄せていきます。

他にも、RSSリーダーなどを持っていれば自分の好きなブログの更新情報をすぐに知ることが出来、ユーザーにとっても利便性のあるというメリットがあります。

ブログを運営している人なら以下の方法で知ることが出来ます。

 

 

自分のブログのRSSの調べ方

自分のブログのRSSの調べ方

ブログを所持している人なら「RSS 調べ方」でTOPに出てくる「RSSフィード取得・検出ツール」で調べることが出来ます。

そこに自分のサイトのURLを記入するだけで取得することが出来ますし、単純に調べるだけならば

https://~~~.com/rss

と検索しても調べることが出来ます。

 

 

[スポンサーリンク]

RSSの使い方&ツール

RSSの使い方

先ほど「取得したRSS」で作成した「フィード」を自分のブログの好きなところに張り付ければ使うことが出来ます。

他にも

  1. Livedoor RSS
  2. 忍者RSS

といった有名なツールで得られたRSS配信フィードを自分のブログの好きなところに張り付ければRSSを使うことが出来ます。

では実際に「Livedoor RSS」でどのようにRSSを使用するのか軽く解説します。

 

「Livedoor RSS」にアクセス

RSSの使い方先にLivedoor RSSに登録しておかないと使用することが出来ませんが、無料登録でありそれ以外に必要な書類はありません。

RSSツールを使用したい方はぜひ無料登録してみてはいかがでしょうか?

↓TOP画面↓

Livedoor 相互RSS

 

「チャンネル」を作成

「チャンネル」を作成

これは「RSSの配信枠」の作成となり,上の画像のような枠を作成することが可能です。

これが必要となるのは「ジャンルごとに作成」したい場合にはこのチャンネルを複数作り,登録するサイトをジャンルごとに分けることが可能です。

  • 映画のまとめサイト専用チャンネル
  • ゲーム系のまとめサイト専用チャンネル
  • 芸能系のまとめサイト専用チャンネル

など複数のチャンネルに分けることが出来ます。

 

 

「RSS配信をするURL」を登録

「RSS配信をするURL」を登録

この「検索窓(①)」に登録したいURLを挿入することでLivedoor側で自動的にRSSのフィードを取得してくれます。

もちろん相手側が「RSSのURLはこれでお願いします」と提示してきたURLを登録することも可能です。

 

 

「デザイン」などの見た目の変更

「デザイン」などの見た目の変更

この画面で大まかなRSS配信部分のデザインを変更することができるので自分のブログの見た目に合わせてRSS配信部分のデザインを好きに変更することも可能です。

また,追加で細かい部分の変更はCSSで可能です。

詳しいことは以下のリンクからぜひご覧ください。(こっちは少し上級者向けです。)

Livedoor RSSのcssの変更について

 

 

作成したチャンネルをブログに掲載する

作成したチャンネルをブログに掲載する

後は作成したチャンネルを「貼り付けコード」から選択して自分のブログの掲載したいところに張り付けるだけでRSS配信が出来ます。

後はアクセス解析やデザインの簡単な変更,登録したいサイトを追加することで自動で更新されていきます。

案外難しくないです。

 

 

[スポンサーリンク]

RSSはどんなブログで使用するのか?

RSSはどんなブログで使用するのか?

基本的には「まとめサイト」や「アンテナサイト」など、検索からのアクセス流入を視野に入れずにRSSの特性を活かした「相互トレード」を活かしたサイトでは重宝されています。

ていうか、こういったサイトではそのRSSを利用しないとアクセス数を稼ぐことが出来ません。

個人ブログや企業でも利用することは利用していますが、やっぱり

  1. まとめサイト
  2. アンテナサイト

このサイトが主にRSSという機能を利用しています。

 

まとめサイトにおけるRSSの役割

まとめサイトは「トレンドブログ」に属するブログであり,「旬・話題の記事」を常に配信し続けることでそのアクセス数を稼いでいます。

なのでその「旬な記事」などを他のサイトで配信してもらいアクセス数を稼ぐのにこのRSSは必要になります。

「トレンドブログ」と「RSS」の関係性を確立するには,

  • 他のまとめサイトと相互RSSをしてお互いにアクセスを送る
  • アンテナサイトにRSS配信を依頼してアクセスを送ってもらう

などの方法がメインになってきます。

 

アンテナサイトはRSSが必需品

先ほども伝えましたが「まとめサイト」を確立させるには「アンテナサイト」というのは必要不可欠になります。

こういったアンテナサイトがあるからこそ「まとめサイト」はアクセス数を稼げるので,基本的にアンテナサイトは放置するだけでいいといわれています。

ですが,こういった仕組みを確立させるのにRSSが必要不可欠なものとなってきます。

RSSは相手が記事を更新したらアンテナサイトも自動的にその情報を提示するという仕組みです。

 

 

[スポンサーリンク]

RSSは今は利用されない?その理由とは?

そして、調べてみてわかったんですが今はRSSそのものが注目されにくくなっていることでしょうか?

Googoleトレンドで調べてみると以下の画像のような検索結果がでてきます。

RSSは今は利用されない?その理由とは?

2004年~2006年頃はRSSは検索されていましたし、その有用性もGoogleトレンドから伺うことが出来ます。

しかし2010年代に入るころにはそこまで調べられることも無くなっています。

これは「TwitterやFacebook」などのSNSが台頭してきて、ブロガーがそちらの方を使って記事の配信を行い始めたことが原因でしょう。

実際に今はTwitter経由でのアクセスが増加していますし、Twitterでバズらせた方がアクセス数も増大します。

 

 

RSSは本当に使われないのか?

RSSは本当に使われないのか?

これは今のブログの現状を見てみるとなんとなくわかってくるが、今の読者は「まとめサイト」の方を利用しているのが多い。

つまりRSSを利用した「相互RSS」や「相互アクセストレード」などを利用しているサイトの利用者が多いのが分かる。

 

企業サイトや個人ブログなどは「SNS」などを利用し、まとめサイトやアンテナサイトはいまだ「RSS」を利用している。

このようにブログを利用する人間,ブログを運営する人間,場合によっていまだRSSは現役であるというのも分かる。

 

 

[スポンサーリンク]

まとめ: RSSはこんな機能

今はSNSなどの方からのアクセスの方が多く、確かにRSSの需要は少なくなってきたように感じられますが、正直な話RSSという機能自体は今でも重要な機能であるというのは変わりありません。

という訳で今回のまとめ

  • RSSはブログの更新情報を伝えるための文章機能の1つ
  • RSSを他のサイトに掲載することで真価を発揮する
  • 主に重宝されるのはアンテナサイトやまとめサイト
  • SNSの時代になりRSSよりもSNSを利用するのが増えた
  • 今でもRSSは必要になるツールである

フォロワーを効率よく
着実に増やすためのマーケティングツール

スポンサーリンク