スポンサーリンク

【ジャノ】トルコの塩水湖で発見されたというUMAとは?

スポンサーリンク

こんにちは^^タクヤンです。

今回お話しするのは

トルコの巨大UMA

ジャノ

です。

 

 

ジャノとは?

ジャノとは?

ジャノとはトルコのヴァン湖に出現したという巨大UMA。

名前は「ジャノワール」とも「ジャナワール」とも呼ばれている。

 

ジャノは特徴としては

  • 体長は15~20m
  • 身体は茶褐色
  • 稀に潮を吹くとのこと
  • 移動は体を上下に揺らしながら
  • 鳴き声は「ウォー」
  • ジャンプできる

などがあげられる。

ネス湖のネッシーよりかは認知が低いUMAともいえる。

 

 

 ジャノは鮮明とした映像が残る異例なUMA

そしてこのジャノは綺麗な映像が残っているUMAでもあります。

この映像を撮影したのは1997年5月にユズンジュ・ユル大学助手のウナル・コザック氏が2年の調査の末、ついに撮影したもの。

画質は悪いがかなり鮮明にジャノが映っているのが分かる。

ネッシーよりも鮮明に映っていることで有名で、この映像では体表が茶褐色を帯びた生物が湖面から頭の一部分を出して泳ぐ様子が映し出されている。

 

 

偽物派と支持派に分かれての論争

ジャノに対する否定派と肯定派

もちろん、この映像をめぐって支持派と反対派に分かれて対立が起きた。

反対派の意見

 

ヴァン湖はそもそも塩水湖であり、ニシンの仲間の小魚しかせいそくしていない
動画の生物は水浴びしている像か犬が泳いでいるだけ。

 

賛成派の意見

ヴァン湖の真ん中の島の古い神殿に船の下から乗組員を狙う未確認生物が彫られている。
かつて存在した古クジラの一種、バシロサウルスの可能性がある。

 

 

ジャノは政治的策略で生まれたUMA!?

ジャノは政治的策略で生まれたUMA!?

このジャノが目撃されたヴァン湖周辺はクルド人の居住地域であることと、トルコ政府軍のクルド人迫害が激化した時期とジャノ発見時期が一致している。

 

つまり、トルコ政府軍がクルド人の迫害をしていることを世間の目から逸らすために作り上げた政治的謀略説がある。

偶々な気もするが、火のない所に煙は立たない。

 

 

とある証拠から偽物説が浮上

ジャノはとある証拠から偽物説が浮上

実はイギリスのケンブリッジ大学でこのジャノの映像が分析中といわれているが,撮影したコザック氏はこの映像に使われたといわれている「やらせの模型」の製作費をめぐるトラブルが表面化した。

 

そしてこのトラブルが表面化した以降このコザック氏は消息不明になっているらしく、やはりこの映像は偽物だ!!という話になっており、やはりジャノは存在しない説も強い。

 

 

終わりに

もし存在しているなら塩水湖という小さい魚しか生息していない所でどうやって生きていたんでしょうかね?

確かに塩水湖は完璧には解明されていないらしく、どんな生物がいるのかはまだ謎な部分も多いとのこと。

本当にジャノという生き物がいれば夢のある話だと思います。

 

他のUMAは↓のリンクから

  1. 【ニンゲン・ヒトガタ】南極に存在するといわれている人のようなUMAとは?
  2. 【ポポバワ】男性のお尻を狙う謎のUMAとは何なのか?

スポンサーリンク

UMA

Posted by taurs-0505