タクヤンの情報発信部屋

色々な分野での生活をちょっとでもよくする?情報を毎日配信予定

スポンサードリンク

  • f:id:taurs-0505:20180921005715p:plain
  • f:id:taurs-0505:20181004141436p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202405p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921195025p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202409p:plain

【ウマ娘プリティーダービー】シンボリルドルフは三冠ウマ娘かわいい!!

 

 

 

シンボリルドルフとは?

 

f:id:taurs-0505:20181015181620p:plain

 

誕生日:3月13日

身長:165cm

体重:かなり理想的

スリーサイズ:B86・W59・H85

 

トレセン学園の生徒会長を務めるウマ娘。

周囲から“皇帝”と呼ばれ、後輩ウマ娘達から畏敬の念を抱かれている。

 

性格は冷静沈着、公明正大。

とてもストイックな性格だが、実はかなりの心配性で保護欲が強い。

 

 

シンボリルドルフ|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイト|Cygames

 

 

史実のシンボリルドルフとは?

 

 f:id:taurs-0505:20181123141643p:plain

 

シンボリルドルフ - Wikipedia

 

史実のシンボリルドルフについて簡単に紹介します。

 

シンボリルドルフは1981年3月13日~2011年10月4日没の日本の競走馬です。

史上初の七冠馬を達成した馬でもあります。

 

生まれは北海道門別町のシンボリ牧場

父は「パーソロン」で母は「スイートルナ」です。

生涯戦績は16戦13勝

獲得賞金は6億8482万4200円

 

以下1位獲得レースを記載します。

 

  • 1983年 新潟競馬場の3歳新馬
  • 同年  東京競馬場のいちょう特別
  • 同年  東京競馬場のオープン
  • 1984年 中山競馬場の弥生賞
  • 同年  中山競馬場の皐月賞
  • 同年  東京競馬場の東京優駿
  • 同年  中山競馬場のセントライト記念
  • 同年  京都競馬場の菊花賞
  • 同年  中山競馬場の有馬記念
  • 1985年 中山競馬場の日経賞
  • 同年  京都競馬場の天皇賞(春)
  • 同年  東京競馬場のジャパンC
  • 同年  中山競馬場の有馬記念

 

 

引退後は北海道門別町のシンボリ牧場で余生を過ごしており、2011年10月4日に繁養先の千葉シンボリ牧場にて30歳で亡くなっています。

 

 

七冠馬なのに三冠ウマ娘?

アニメでもありましたが、三冠ウマ娘とシンボリルドルフは紹介されていました。

 

史実のシンボリルドルフはGⅠレースを7勝しています。 

そして、GⅠレースにはいくつか種類がありますがその中でも

 

  • 菊花賞
  • 皐月賞
  • 東京優駿(日本ダービー)

 

この3つを「中央競馬クラシック三冠」といいます。

このレースは3歳牡馬や牝馬が出場することが出来る馬で、このレースを全て制覇した馬が「三冠馬」という名誉を与えられます。

 

3歳しか出場できない。

1回でも負けるとこの称号は手に入らない。

 

 

こういった条件がある中で、シンボリルドルフはこの3レースを全て制しています。

なので「三冠馬」という称号を与えられています。

さらに、それ以外にも4つのGⅠレースにも勝利しておりそれらを合わせて「七冠馬」となっています。

 

 

もちろん、アニメでも他の馬が「三冠」を達成しています。

シンボリルドルフを含めて3頭しかいませんでしたが、実際は

 

  1. セントライン
  2. シンザン
  3. ミスターシービー
  4. シンボリルドルフ
  5. ナリタブライアン
  6. ディープインパクト
  7. オルフェーヴル

 の7頭がこの順番で達成しています。

 

 

トウカイテイオーとの関係性は?

 

f:id:taurs-0505:20181110104012p:plain

カワイイ/ カワイイ/ カワイイ/ カワイイ/ カワイイ/ 

 

アニメでもありましたがトウカイテイオーとシンボリルドルフの関係性。

この間には親子関係があります。

アニメでは舎弟みたいな感じでしたが。

 

 

シンボリルドルフの子供がトウカイテイオーです。

よくみなくても髪型とか似ていますね。

 

 

 

 

シンボリルドルフという名前にはいろいろとあった

 

 

まずシンボリルドルフの名前自体は馬主の冠名の「シンボリ」。

そして神聖ローマ帝国の皇帝ルドルフ1世にちなんで「ルドルフ」。

この2つを合わせて「シンボリルドルフ」という名前になりました。

 

なので競争成績やその由来も併せて「皇帝」、もしくは「七冠馬」とも呼ばれるようになっていきました。

 

そんなシンボリルドルフの名前にはいろいろなエピソードがあります。

いくつか紹介します。

 

 

実況者泣かせの名前だった

f:id:taurs-0505:20181123143144j:plain

 

 

その名前が実は「実況者」にとっては発音しにくい名前であったので実況者たちはそれぞれ呼びやすい名前で呼んでいた。

 

例えば「ルドルフ」、もしくは「シンボリ」と略していた。

ちなみに今では「シンボリ」とは略さずに「ルドルフ」と訳すのが一般的。 

 

 

登録される名前は元々違った?

そんな実況者泣かせのシンボリルドルフはその発音の難しさから、オーナーの和田さんが「ル」を省略した「シンボリドルフ」 で登録する予定だったんです。

 

 しかしながら命名担当者が必死に説得したので今の「シンボリルドルフ」という名前で登録されるようになったんです。

 

 

終わりに

 シンボリルドルフは初めてアニメで見て、トウカイテイオーと似ていることから調べてみて親子という事をしってからあのアニメでの関係性をさらに楽しく見えましたね。

 

 クールかと思いきや実はトウカイテイオーのことを気にかけているのが本当に尊いですね。

「うまよん」でもなんだかんだ言ってトウカイテイオーとの訓練時間を作ってあげるなど優しい場面を見ることが出来ます。

 

 

管理人お気に入りの画像

「漫画版」から1枚

f:id:taurs-0505:20181123201558j:image

 

「うまよん」から1枚 

f:id:taurs-0505:20181123201610j:image

 

 

[sponser link]