タクヤンの情報発信部屋

色々な分野での生活をちょっとでもよくする?情報を毎日配信予定

~Sponsored Link~

  • f:id:taurs-0505:20180921005715p:plain
  • f:id:taurs-0505:20181004141436p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202405p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921195025p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202409p:plain

【ゴブリンスレイヤー キャラクター紹介】ゴブリンスレイヤーをしって物語をもっと楽しむ!

 

 

 

ゴブリンスレイヤーとは?

 

f:id:taurs-0505:20181014001102p:plain

 

CV:梅原裕一郎

 

ゴブリンスレイヤー | TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト

 

 

 ゴブリンスレイヤーは作品「ゴブリンスレイヤー」に登場する主人公。

常に一人でゴブリンを殺し続ける銀等級冒険者

 20歳。

 

 

ゴブリンをあの手この手で殺し、たとえ子供であっても容赦はしない冒険者。

 

 

ゴブリンだけを殺す理由は?

f:id:taurs-0505:20181014002103j:image

 

当然これは彼が冒険者になった一番の理由ですが、本編開始時から約10年前に彼の生まれ故郷はゴブリンによって滅ぼされています。

 

その時に自分の一番大切だった姉の最後までをその目で見てしまい、ゴブリンに対する復讐心が産まれました。

その為、ゴブリンを殺すことのみを考えている。

f:id:taurs-0505:20181014003143j:image

 

反対に、それ以外の魔物には全くの興味なし。

というよりも名前は知っていても見たことがない魔物の方が多い。

 

 

ゴブリンを殺す手段は誰から?

 

外伝の方にその話は詳しく乗っていますが、彼には師匠がいました。

f:id:taurs-0505:20181014003052j:image

(これが師匠) 

 

 

その師匠からほぼ虐待という形でいろいろな教えを受けて今に至ります。

 

といっても駆け出しの頃にもいろいろな失敗をしており、その度に試行錯誤を繰り返していき本編開始時のように様々な戦略が作られていったということです。

もっと言えば「ゴブリンを皆殺しにする」。

その強すぎる意志が彼をそこまでの冒険者に育てたとも言えます。

f:id:taurs-0505:20181014003043j:image

 

 

 

彼の装備は?

 

本編では片手剣を使用しており、片手剣と盾が彼のメイン武器となるが彼にはゴブリンさえ殺せればどんな武器だろうと利用する。

なので、武器は現地調達も普通に行う。

 

 

 

そして、彼は高級な武器なんて必要としない

なぜならもし自分が殺され、装備を奪われるという事態を想定した時にそこまで高級なものではなく簡単に、そこまで脅威にならないように安めの武器・防具を装備している。

 

 

彼の剣術は?戦略は?

 

まず、彼に剣術はあるのか?

という話ですが、まぁないでしょう。

彼からすればゴブリンを殺すのに剣術なんて必要ないでしょう。

f:id:taurs-0505:20181014003158j:image

 

基本的に、彼の強さはゴブリンに対するその知識量と常に戦術(ゴブリンに対する)を試行しているその回転力

特に、ゴブリンに対する戦術は誰よりも持っていると思います。

その強さを見ることが出来るお話もあります。

基本毎話でその戦術の凄さを見ることはできます。

 

 

 

ゴブリンスレイヤーの交友関係

そんなゴブリンスレイヤーさんは色々な人間と交友関係があります。

今一度簡単におさらいしておきましょう。

 

全員というわけにもいかないので、主要な人物たちとの交友関係を紹介しましょう。

 

 

女神官

f:id:taurs-0505:20181014002310j:image

 

知り合ったのは本編開始時。

彼女の所属したパーティーがピンチ(壊滅)の時に助けて以来、一緒に同行したりしている。

 

 

 

妖精弓手

f:id:taurs-0505:20181014002326j:image

 

パーティーメンバー。

知り合ったのは本編開始から少し経った時。

初めはその実力を疑われてたが、後に一緒に冒険に来ないかと誘われるようになる。

 

 

 

蜥蜴僧侶

f:id:taurs-0505:20181014002343j:image

 

パーティーメンバー。

知り合ったのは本編開始時から少し経った時。

ゴブリンスレイヤーのおかげでチーズ好きになった。

 

 

 

鉱人道士

f:id:taurs-0505:20181014003614j:image

 

パーティーメンバー。

知り合ったのは少し経った時。

初対面から割と友好的に話しかけられたりしている。

 

 

 

受付嬢

f:id:taurs-0505:20181014002350j:image

 

ギルドで働く女の人。

知り合ったのは本編開始時から5年前。

ちょうど、ゴブリンスレイヤーが冒険者になった時に、辺境の街に赴任してきた。

 

ゴブリンスレイヤーのことを心配していくうちに気になっていく様子

 

 

牛飼娘

f:id:taurs-0505:20181014002356j:image

 

ゴブリンスレイヤーの幼いころと今の素顔を最もよく見ている女性。

彼と再会できたのは本編開始から5年前。

 

それ以来、叔父さんの家で居候しつつ彼のことをいつも気にかけている女の子。

彼のことを最も理解したいと願っており、ゴブリンスレイヤーにとっても大切な人。

 

 

 

叔父さん

f:id:taurs-0505:20181014132254j:image

 

ゴブリンスレイヤーが居候している牛飼娘のおじさん。

知り合ったのは本編開始時から5年前。

 

 

牛飼娘のことを大事に思うあまり、寝ても覚めてもゴブリンのことを第一に考えるゴブリンスレイヤーに対しては複雑な思い

 

 

槍使い

f:id:taurs-0505:20181014002411j:image

 

辺境の街最強と言われてる男。

銀等級冒険者。

知り合ったのは意外と5年前。

ゴブリンスレイヤーが冒険者登録を行った時に知り合ってる。つまり同期

 

 

受付嬢さんを巡ってゴブリンスレイヤーに対抗心を燃やしているが、ゴブリンスレイヤー本人は全く気にしてない。

 

 

魔女

f:id:taurs-0505:20181014002419j:image

 

槍使いと常に行動を一緒にしている妖艶な魔法使い。

銀等級冒険者。

ゴブリンスレイヤーと知り合ったのは本編開始時から5年前。

 

 

たまにゴブリンスレイヤーが彼女から道具を購入しており、彼女の道具がゴブリンスレイヤーのパーティーを救ったこともある。

 

 

重戦士

f:id:taurs-0505:20181014002426j:image

 

 

辺境の街の銀等級冒険者。

ゴブリンスレイヤーと知り合ったのは本編開始から5年程前。

 

 

ゴブリンスレイヤーのおかげで生まれ故郷を救われている過去があるので、邪険には扱っていないし感謝はしている。

ある時、彼を助けることをしてくれる。

 

 

女騎士

f:id:taurs-0505:20181014003451j:image

 

重戦士の相棒。銀等級冒険者。

ゴブリンスレイヤーと知り合ったのは本編開始から5年前。

同じ銀等級と思われたくなかったらしいが、後にその考えは改める。

 

 

ある時、彼からアドバイスを貰ったりして感謝する場面も・・・。

 

 

 

f:id:taurs-0505:20181014132232j:image

 

 

ゴブリンスレイヤーが贔屓?にしている鍛冶屋の爺さん。

知り合ったのは本編開始時から5年前。

 

ゴブリンスレイヤーの初めての防具・武器を売った本人。 

 装備をぞんざいに使う彼に文句を言いながらもその真意を汲み取ったりできる有能な人

 彼の防具の鎖帷子はこの爺さんのオーダーメイド製で安め、少し荒目に作られている。

 

理由は分かりますね?

 

 

剣の乙女

f:id:taurs-0505:20181014111852j:image

 

水の都にいる金等級冒険者。

司祭を務めたりしており、かつては魔王を倒した冒険者の1人

 

ゴブリンスレイヤーを知ったのは歌の中で、顔を合わせたのは水の都編が始まった時。

ゴブリン退治の依頼を彼にお願いする。

 

彼に対する心情の変化は見もの

 

 

 

 

終わりに

 

 ここまで一つの種族に対して恨んでいるキャラも少ないでしょう。

恨みすぎてカンストしているのが恐ろしいほどです。

f:id:taurs-0505:20181014002958j:image

 

 

叔父さんはタガが外れていると酷評していますが、彼は5年間もゴブリンを殺し続けたんです。

それだけゴブリンを恨んでいると感じれますね。

 

 また、彼は知らず知らずのうちに好意を集めてしまいますが、これを読んでいる人ならもう察していると思いますが、彼がそれに気づくことはほとんどないでしょう。

もし彼の故郷が滅ぼされてなかったら・・・・一緒に街に行っていたら何かが変わっていたのかもしれません。

 

 

そんなゴブリンスレイヤーの旅が本当の意味で終わるのは来るのでしょうか・・?

 

 

 

[sponser link]