【意味が分かると怖い話】賞金ゲーム

2019年3月13日

スポンサーリンク

こんにちは^^タクヤンです。

 

今回の意味が分かると怖い話は

 

賞金ゲーム

 

の話です。

(突っ込みどころあり)

楽しんでいきましょう。

 

 

広告

お話 

老人が男に言った

「ゲームをしないか?」
老人が説明したゲームの内容は次の通りだ
箱の中に多額の賞金が入れられており、
男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物
箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが
まわりには斧などがおかれている
時間制限などは一切無いらしい

男は是非やらせてくれと答えた
男が金を得るチャンスがあるのに
リスクは無なさそうだったからだ

参加を表明した男に老人が言う
「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある
5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」

男は笑顔で5万円を差し出した
ゲームが開始した

スタート時から賞金は男の目の前にあった 

 

 

男の目の前に賞金があった。

つまり男は賞金しかない箱の中にいる。

箱は斧でしか壊せないぐらい頑丈。

つまり、男は外に出ることが出来ない

 

終わりに

 

他のお話を読んでみたい方は以下の一覧から!!

 

スポンサーリンク