スポンサーリンク

【感動する話】運命はある

2019年5月29日

スポンサーリンク

こんにちは^^タクヤンです。

今回の感動する話は

運命はある

 

の話です。

 

 

お話

 

俺は以前、-300万の多重サイマーだった。
当時、付き合っていた彼女の事が本気で好きだった。

しかし、借金の事は言い出せず、好きになればなるほど、その事が重圧となって圧し掛かっていた。

 

そして、それに耐え切れず、ついには、借金の事は言わずに、自分から別れを告げた。。

本当に辛かった。。

それから3ヶ月間、廃人同然だった、、、仕事していても、TVを見ていても、苦しいとも楽しいとも思えなかった。

 

そして、同時に、こんなに糞みたいな自分には、人を好きになる資格がないっと悟り、一生、誰とも付き合わない事を決めた。

 

それからは、できるだけ女性とは、親しくせず、常に一歩引いた状態で接していた。と同時に、極限まで生活レベルを落とし返済に充てた。

 

月6万のマンションから1.5万円の風呂なし共同トイレの文化住宅に移り住み、ギャンブルはもちろん、酒もタバコも一切絶ち、一月の食費を一万円以下にまで落とし、一円でも多く返済に回した。

 

そして、2年後に借金は完済して、さらに2年後には200万の貯金をする事が出来た。彼女との別れから4年たっても、まだ彼女の事が本気で好きだった。

 

今頃は、他の男と幸せにやっているんだろうな…

もしかしたら結婚して子供もいるかもしれない…そんな事を考えながら、己の愚かさに涙を流す日々だった。。。

 

しかし、神様は俺を見捨てていなかった。

ある時、たまたま仕事でとある駅前(自分の生活圏内)にいた。

そこで昼食を取ろうと喫茶店に入ると、なんと、別れた彼女が友達らしき人(女性)と食事をしていた。。。

 

本当は、入った瞬間に気が付いたが、気が付かないフリをして、少し離れた席に座った。。。

しかし、あまり大きな店でないので、彼女も気が付いたらしく、こっちを見て友達となにか話をしていた。

 

多分、俺の借金の事を話のタネにしているんだろうな。。。

当然の事だ。。。

と思っていた。

 

でも、ちょっとしたら、その友達が彼女を残して店を出て行った。

そして、少し迷ってはいたが、俺の席の前までやってきて「すみません・・・・」って声をかけてきた。。。

涙がでるほどうれしかった・・・再び、彼女の声が聞けただけでも今まで頑張ってきた事が報われたと思った。

 

俺は冷静を装って「うわぁ〜久しぶりだね」って・・・

そして、別れてからの事をいろいろ話した。。。

酒とタバコをやめたこと・・・ちゃんとした仕事に付いて、しっかりと働いている事・・・まだ、あれから誰とも付き合っていない事・・・

 

そして、、、ついに、付き合っていた時に多額の借金があった事も、できるだけ明るく話をした。

すると、彼女は、実は俺に借金があった事を知っていたらしい。

当時は、俺はフリーターで、月に15万ほどは給料を稼いでいたが、全くお金を使っている様子も無いのにお金がたまらない、毎月10万近くが消えている。。。

誰でもわかるよぉ〜って言って笑っていた。

俺が別れ話をした時に、辛かったけど、何も言わなかったのは、そういう事を知っていたからだと。。。

 

自分の悩みを一言も言わずに、迷惑をかけないように自分から身を引いた俺に少し感心したとも言ってくれた。

出来るだけ明るく振舞っていたが、その時点で大泣きしてしまった。

生活を切り詰め、現在、借金は全額返済した事を告げ、本気であやまった。。。

そして、彼女自身も、俺と別れた後は誰とも付き合っていなかったらしい事がわかり、後日、再び彼女に付き合ってください。

っと告白した。

 

 

よりを戻してから、しばらくして貯金が200万あることを言うと、「よくがんばったね!」って。

 

 

今は、結婚の話が進み先日、両家の両親とともに結納が終わった。

この幸せを二度となくす事が無いように、絶対に借金やローンの類はしないと心に誓っている。

それと同時に運命というのは本当にあるんだと思った。

 

 

終わりに

他のお話を読んでみたい方は以下の一覧から!!

スポンサーリンク