スポンサーリンク

派遣アルバイトでのコンサートの舞台設営の1日を紹介

2019年3月25日

スポンサーリンク

皆さんこんにちは^^タクヤンです。

建設系の現場の事を簡単に書いてみましたが、これだけではあまりイメージが湧かないでしょう。

そこで今回はとある建設系の現場での派遣バイトの1日の動きをご紹介していきましょう。

(あくまでも自分の体験談です。すべての現場で当てはまるわけではないのでご了承ください。)

社員さんからお仕事の依頼が来る

f:id:taurs-0505:20171109194109j:plain

登録している派遣会社からの恒例の”空いている日はありますか?”のメールの後、社員さんから電話でお仕事の依頼が来る。

この時点で”この日はやっぱり休みにしたい”は出来ないのでお気を付けください。

この時に簡単な現場の場所とお仕事の時間を伝えられる。

前日に改めて確認の電話

f:id:taurs-0505:20171119104045j:plain

これは会社によって変わると思いますが、しっかりしている会社は前日確認というものをしっかりとしている筈です。

その時に詳しい時間と細かい場所などを伝えてもらえる。

ついでにこの時にメールも一緒に送ってもらえる。

このメールの方が詳しく乗っていることもある。服装や集合場所を聞き逃したらこのメールで確認しよう。

当日の朝

さぁ、この日がやってまいりました。

事前に確認したとおりに集合時間に間に合うように(仕事開始の約45分ぐらい前かな?)電車で移動。

速いときは朝の6時ぐらいに家を出ることも・・・・・。

眠たいのは他にも仕事に来ている人も同じでしょう。

そして現場の集合場所に到着すると、他にもいろんな人がいる。

朝の8時になった時に、自分の派遣会社の社員さんが点呼をしてくれるので名前を呼ばれたらその人の指示に従う。

その後、荷物置き場に自分の荷物を置きその日の簡単な服装を支給してもらえる。(スタッフ用のジャケットとヘルメットなどなど)

そして、建設会社の人や派遣バイトリーダーさんから注意事項やチーム分けをその時に行う。

お仕事開始

f:id:taurs-0505:20171119104141j:plain

ここまできてお仕事開始!!

(言い忘れてましたが今回のお仕事の現場はコンサート会場での舞台設営の手伝いです。)

朝の段階ではまだ舞台の土台ぐらいしかできていないので土台のお手伝いとなるでしょう。

チーム分けされたチームメンバーと共にさらにチームを細かく分けられます。(自分は資材運びとかでした。)

資材運びはコンサートとかで使うそれなりに重い道具をみんなで運んだりします。

そして、この時なぜか少しさぼろうとしている人間も偶にいます。

許せないですが、あまり気にしてはいけません。

大抵そういった人は後でしっかりと怒られるので。

お昼ご飯タイム♪

f:id:taurs-0505:20171119104306j:plain

さぁ、こうやって資材運びとかも少し落ち着いたところで楽しいお昼ご飯タイムです。

お昼ご飯は用意する必要はありません。(用意してくれてます。)

でも、お昼ご飯の時間はそこまでありません。せいぜい45分ぐらいでしょう。しっかりと休養しましょう。

お茶もパックでは支給されますのであれでしたらペットボトルで持っていきましょう。

この時にこの現場に来ている人達と仲良くお喋りすることもできます。(大切なコミュニケーションなのでしっかりとしておきましょう)

お昼のお仕事開始

f:id:taurs-0505:20171119104552j:plain

お昼からのお仕事も基本的には物資の搬入などがメインになってきますが、この時にはすでに土台などは出来上がってます。

その為に次は照明のお手伝いとなります。

その資材の搬入や午前の仕事の時に使った資材の直しを手伝います。

(ここでもなかなか重労働ですが、ここでやっと50%ぐらいが終わりました)

ここでもうそろそろ終わりと思った皆さん・・・・・・。

何を言ってるんですか?

ここまでもある程度しんどかったかもしれませんが、これからもしんどいですよ?

夕方からのお仕事開始

f:id:taurs-0505:20171119104538j:plain

はい、ここ迄読んだ皆さんある程度お疲れ様です。

そして、夕方の仕事開始です。

ここではもうすでにステージの半分以上は出来上がっております。

その為ここからは椅子の後ろに席番号の紙を張っていく作業となります。

ここまでで気になった方は分かりますよね?

あのコンサートのアリーナにある大量のパイプ椅子の数・・・・・

あのパイプ椅子全ての後ろに貼らないといけない・・・・・。

そしてほかにも椅子の全ての位置をちゃんと揃えないといけない・・・・。

そして何よりもパイプ椅子を何百と運ばないといけない・・・・・。

ですが、慣れてしまえばただの作業。

慣れてしまった僕たちは何人かである計画を画策・・・・

反乱ではなく・・・・・

どうやったら楽に効率よく作業を出来るかということを。

お昼ご飯の時に仲良くなった人たちと効率化を画策そして実行。

お仕事がなかなか楽しくなってきた!

そして全てのパイプ椅子に席番号の紙を張り終えた時には大体夜の8時ぐらい。

物販のお手伝いもしてようやくお仕事が全て終えた時にはもう夜の8時30分。

そこで、その現場のリーダーさんから仕事終わり~~お疲れ様です。と言われてそこでやっと

お仕事終わり!!

朝の8時から仕事が始まり今までで約12時間30分ぐらい。

時給は約1000円を殆ど超えるので日給は10,000円を簡単に超えます

まとめ

そして、この後は家に帰ったり友達と遊びに行ったり飲みに行ったりします。

どうでしたか?

舞台設営のお仕事はこれだけしんどいということです。

まぁ、これだけではまるで舞台設営が良くないみたいな言い方ですが時給は良いしお休みの時間も結構多いです。

ただ肉体的に、精神的に少ししんどくなってくるかなって感じるかもしれません。

という訳で今回のまとめ!

  • 舞台設営のお仕事は基本朝から夜
  • お仕事内容は資材運搬・椅子の並べ
  • 物販のお手伝いもする
  • お弁当は美味しかったり美味しくなかったり・・・・

大学生のアルバイトをさがして、派遣の建設系の現場に行こうかなっと思っている方は少しでも参考になればなと思います。

では皆さん、今まで読んでいただきありがとうございます。

良い1日をお過ごしください。

スポンサーリンク