タクヤンの情報発信部屋

色々な分野での生活をちょっとでもよくする?情報を毎日配信予定

~Sponsored Link~

【怖い絵】結月ゆかりと見る”パリスの審判”の解説

 

このページにはVOICEROIDによる解説があります。それでも大丈夫だという方はこのまま進んでください

 

 

むむ
皆さんこんにちは、結月ゆかりです。今回は意味が分かると怖い絵を一緒に見ていきましょう。今回の意味が分かると怖い絵はこちらとなります。

 

 

 

パリスの審判

 

 

 これは無料ゲームアプリ「怖い絵1」の攻略も兼ねています。

 

 

【怖い絵1】全絵画一覧

 

むむ

他の絵画もこのリンクから見に行くことが出来ます。

 

1枚目

「ジン横丁」

2枚目

「キリストの洗礼」

3枚目

「受胎告知」

4枚目

「ラス・メニーナス」

5枚目

「ヴィーナスの誕生」

6枚目

「夢魔」

7枚目

「聖ゲオルグと竜」

8枚目

「メデューズ号の筏」

9枚目

「レディ・ジェーン・グレイの処刑」

10枚目

「カルロス2世」

11枚目

 「ベツレヘムの嬰児虐殺」

12枚目

「愛の勝利の寓意」

13枚目

 「マドリード、1808年5月3日」

14枚目

「我が子を喰らうサトゥルヌス」

15枚目

 「キュクロープス」

16枚目

「パリスの審判」

17枚目

 「豆の王の祝宴」

18枚目

「仮面に囲まれた自画像」

19枚目

 「ホロフェルネスの遺体発見」

20枚目

「ムーランの聖母子」

 

 

"パリスの審判"とは?

f:id:taurs-0505:20180522203527j:image

 

 

f:id:taurs-0505:20180514191330p:plain
この絵は1632~35年頃に「油彩」を用いて"ビーテル・パウル・ルーベンス"が描いた作品となります。1608年に宮廷画家になった彼は工房を持つことを許され、宮廷のみだけでなく他の人からも作品の依頼がありました。

 

 

むむ
作品の依頼主は分かっていませんが、ルーベンスはかなり恵まれた一生を過ごしていたとも言われていますね。

 

 

意味が分かると怖いポイント1

f:id:taurs-0505:20180522203657j:image

 

むむ
”美の象徴”はパリスが持っている黄金の林檎

 

 

f:id:taurs-0505:20180514191330p:plain
元々は天界で行われた結婚式に呼ばれなかった「諍いと不和の女神エリス」が作った物です。

それがゼウスの手に渡り展開で騒動が起きないように地上にいるパリスへ渡したものだったと言われています。

 

 

意味が分かると怖いポイント2

f:id:taurs-0505:20180522203739j:image

 

 

f:id:taurs-0505:20180514191330p:plain

ヘラが連れている聖鳥・孔雀の目には死んだ百眼の巨人アルゴスの目が使われています。

アルゴスはヘラに言われて夫ゼウスの浮気相手を殺しに行った者です。

その後にゼウスの刺客に殺されたという説もあります。

 

 

意味が分かると怖いポイント3

f:id:taurs-0505:20180522203754j:image

 

 

f:id:taurs-0505:20180514191330p:plain
「戦いと知恵を司る処女神・アテナ」の盾にはメデューサの首が付けられていますね。彼女はもともと人間でしたがアテナに喧嘩を売ったので怪物に変えられました・・・。

(アテナよりも美しいと言ったのが理由です。)

 

 

意味が分かると怖いポイント4

f:id:taurs-0505:20180522203829j:image

 

 

むむ
復讐の女神アレクトですね。この後、パリスがヴィーナスを選んだために怒ったヘラとアテナによってトロイア戦争が起きることを象徴しています・・・。

 

[sponser link]