スポンサーリンク

【怖い絵】結月ゆかりと見る”我が子を喰らうサトゥルヌス”の解説

2018年6月4日

このページにはVOICEROIDによる解説があります。それでも大丈夫だという方はこのまま進んでください

むむ

こんにちは。結月ゆかりです。今回の作品は管理人が初めて見た時背筋がゾッとしたという作品です。

その作品の名は

我が子を喰らうサトゥルヌス

 これは無料ゲームアプリ「怖い絵1」の攻略も兼ねています。

 

 

”我が子を喰らうサトゥルヌス”とは?

「我が子を喰らうサトゥルヌス」とは?

むむ

この作品は1820~1824年に「油彩」を用いて”フランシスコ・デ・ゴヤ”が描いた作品です。

誰の為でもなく、耳が聞こえなくなった自分のための作品と言われています・・・・。

 

 

 

意味が分かると怖いポイント1

「我が子を喰らうサトゥルヌス」: 意味が分かると怖いポイント

むむ
この化け物?はサトゥルヌスで目は完全に常人の目ではないですね。子を食べないと子に殺されてしまうという恐怖心が彼を動かしていたとのことですが、子を食べ終わった今は何が彼を動かすんでしょうかね・・・?

 

 

 

[スポンサーリンク]

意味が分かると怖いポイント2

「我が子を喰らうサトゥルヌス」: 意味が分かると怖いポイント

むむ
子供はすでに首や腕が無いので死んでいるのは分かります。しかし急所は父が背中から爪で内臓に突き刺しているからでしょう・・・。即死ならまだ救われますが、もしそうでなければ・・・・・。

 

 

 

[スポンサーリンク]

意味が分かると怖いポイント3

「我が子を喰らうサトゥルヌス」: 意味が分かると怖いポイント

f:id:taurs-0505:20180514191330p:plain
他の色が一切ない漆黒の闇。耳が聞こえなくなったからというだけではないでしょう・・・・。完全に彼の心は何も受け入れることが無いという事ですね・・・。

 

 

 

[スポンサーリンク]

意味が分かると怖いポイント4

「我が子を喰らうサトゥルヌス」: 意味が分かると怖いポイント

むむ
あっ・・・・・。彼の足元の輪郭がぶれていますね。これは今まさに我が子を喰らい終えようとしているサトゥルヌスが絵画から出てこようとしているからこんな風に見えるのかもしれません・・・・。

 

怖い絵 (角川文庫) [ 中野京子(ドイツ文学) ]

価格:734円
(2019/9/28 21:20時点)

 

 

[スポンサーリンク]

【意味が分かると怖い絵1】全ステージ攻略一覧

他のステージも下のリンクから見に行くことが出来ます。

ジン横丁 キリストの洗礼
受胎告知 ラス・メニーナス
ヴィーナスの誕生 夢魔
聖ゲオルグと竜 メデューズ号の筏
レディ・ジェーン・グレイの処刑 カルロス2世
ベツレヘムの嬰児虐殺 愛の勝利の寓意
マドリード、1808年5月3日 我が子を喰らうサトゥルヌス
キュクロープス パリスの審判
豆の王の祝宴 仮面に囲まれた自画像
ホロフェルネスの遺体発見 ムーランの聖母子

 

 

[スポンサーリンク]

【意味が分かると怖い絵1】解説付き攻略

むむ

解説付きを見たい方はここのリンクから見に行くことが出来ます。

1枚目

「ジン横丁」

2枚目

「キリストの洗礼」

3枚目

「受胎告知」

4枚目

「ラス・メニーナス」

5枚目

「ヴィーナスの誕生」

6枚目

「夢魔」

7枚目

「聖ゲオルグと竜」

8枚目

「メデューズ号の筏」

9枚目

「レディ・ジェーン・グレイの処刑」

10枚目

「カルロス2世」

11枚目

「ベツレヘムの嬰児虐殺」

12枚目

「愛の勝利の寓意」

13枚目

「マドリード、1808年5月3日」

14枚目

「我が子を喰らうサトゥルヌス」

15枚目

「キュクロープス」

16枚目

「パリスの審判」

17枚目

「豆の王の祝宴」

18枚目

「仮面に囲まれた自画像」

19枚目

「ホロフェルネスの遺体発見」

20枚目

「ムーランの聖母子」

スポンサーリンク