スポンサーリンク

シンガポールデータはおススメできるのか?徹底解剖!!

こんにちは^^タクヤンです。

今回お話するのは

シンガポールWiFiルーターレンタル

シンガポールDATA

です。

シンガポール旅行に行く人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

シンガポールDATAとは?

シンガポールDATAとは?

シンガポールDATAはシンガポールで利用できるWi-Fiレンタルサービスです。

シンガポール大手通信会社のStartHubの最新SIMを搭載しており、制限も一切なしで安定した通信が可能になっています。

 

 

シンガポールデータの料金プラン&支払方法

料金プランはルーターレンタル料金が無料で、ネットは基本料金690円/日で利用可能。送料は無料となっており、その他にオプションで

  1. 安心保障:200円/日
  2. 予備バッテリー:100円/日
  3. ポケトーク(翻訳機):580円/日

を任意で付けることが可能です。

また、支払方法はクレジットカードとなっています。

 

 

[スポンサーリンク]

安心保障プラン未加入時のもしかしたら料金

シンガポールDATAでは上の安心保障プラン未加入時にもしかしたらかかる可能性のある料金を記載しておきます。

本体の紛失・損傷 40000円
予備バッテリー

紛失・破損

3000円
アダプター・USBコード

紛失・破損

1000円

 

 

[スポンサーリンク]

シンガポールデータの延滞料金やキャンセル料

では延滞料金やキャンセル料などを紹介していきます。

出発の3日前からのキャンセル 1台につき1620円
出発の3日前からの申込内容の変更 1080円
延滞料金 1日690円

 

 

[スポンサーリンク]

シンガポールDATAのメリットは?

では次にシンガポールDATAのメリットになる部分を紹介していきます。

シンガポールDATAのメリットは以下の3つが考えれます。

  1.  無制限プランなら最安級!!
  2.  同時接続可能数は5台
  3.  往復宅配料が無料

それぞれ見ていきましょう。

 

メリット1: 無制限プランで見るならシンガポールでのWiFiルーターレンタルでは最安級

シンガポールでネットを無制限に使いたい場合はこのシンガポールDATAは他と比べると物凄く安いです。

そして1ヶ月前以上から申し込めが10%割引になります!

 

 

メリット2: 同時最大接続可能数は5台

そしてこのシンガポールDATAでは同時に最大で5台が接続可能となっており団体で旅行に行くときに割り勘すれば一人当たりの料金はぐっと安くなる。

何も一人で使う必要性はない。できる限り安く済ませよう。

 

5人以上の場合は何とも言えませんが,5人程度の旅行なら割り勘が出来るので一人当たりの使用量が実質120円程度になります。

 

 

メリット3: 往復宅配料無料

本来なら返却時の返送料金も支払わないといけませんが、シンガポールDATAはこの後記述するデメリットにも繋がると思います。

 

空港に返却口がないということで帰りの返却も無料になっているのだと思います。

ですがこれは返送料金分お得になるということです。

 

 

シンガポールDATAのデメリットは?

では次にシンガポールDATAのデメリットを紹介していきます。

シンガポールDATAで考えられるデメリットは主に以下の3つ

  1.  無制限プランしかない
  2.  空港に返却窓口がない
  3.  変換プラグがついていない

それぞれ見ていきましょう。

 

[スポンサーリンク]

デメリット1:シンガポールデータには無制限プランしかない

無制限プランしかないので、ネットを旅行中はそこまで使わないという人にとっては他のサービス会社を選んだほうがいいでしょう。

管理人は基本旅行に行くときはネットは使わない派だが,夜のホテルでの時間は結構ネットを使ってしまいます。

 

でも最近はTwitterや移動時にポケモン,ゲームをする子も多いのでそういった場合はお勧めします。

 

デメリット2:空港では専用返却ポストはない

残念なことにイモトのWiFiなどの有名な海外のWiFiレンタルサービスは空港に専門の返却口や貸し出し口などが存在します。

 

ですがシンガポールDATAにはそれが存在しません。

なんですがこれは別に空港で返却できないというわけではなく,ポストに投函すればいいだけなので空港にある郵便局などで投函すれば解決します。

 

 

[スポンサーリンク]

デメリット3: 変換プラグがついていない

これが一番大きいです。

変換プラグは海外の電圧を日本の電圧に変換して機器を充電できるようにするものです。

ですがこのシンガポールDATAでは変換プラグがついておらず、自分らで購入しないといけません。

 

変換プラグが必要ない国に行くときはデメリットにならないんですが、シンガポールには変換プラグが必要になります。

もちろん過去に変換プラグを購入している場合はデメリットにはならないですが、購入するのが嫌な人は「イモトのWiFi」や「Wi-HO!(ワイホー)」などの方がいいでしょう。

 

 

シンガポールデータの申し込みはどうすれば?電話で可能?

残念なことにシンガポールデータは電話申し込みは不可能で、ウェブ上での申し込みにのみ対応しております。

また、ルータのレンタル期間の延長はご利用期間内にメールかお電話で連絡します。

 

申し込み時に特に必要なものは

  1. 出発日
  2. 帰国日
  3. オプションの有無
  4. 受け取り場所(自宅か空港か)
  5. 自宅の場合は住所
  6. 電話番号
  7. メールアドレス
  8. クレジットカード情報

これらがあれば申し込みフォームから手順に沿って簡単に申し込むことが出来ます。

しかしルータが航空搭載できないので沖縄県などには発送はしていないとのこと。

 

 

[スポンサーリンク]

申し込みたいけどルーターはいつ届くんですか?

シンガポールデータのルータは出発日の1~2日前に自宅に届きます。

その日の希望の時間があるなら申し込みの時に記載する必要はあります。

また、ルータを空港で受け取りたい場合もあると思いますがその時の申し込み締め切り時間がそれぞれ決められています。

その締め切り時間までに申し込めば空港で当日に受け取ることが可能です。

 

 

空港での受け取りは可能なのか?また、受け取りに必要なものは?

シンガポールデータは空港での受け取りが可能で、以下の空港の郵便局での受け取りが可能です。

また、受け取りには「申し込んだ人のパスポート」などが必要になります。

  1. 成田国際空港ライナーカウンター4F南ウイング
  2. 成田国際空港ライナーカウンター3F
  3. 羽田空港国際線ターミナルJALエービーシーカウンター
  4. 中部国際空港セントレア分室郵便局1F
  5. 関西国際空港第一ターミナルビル内郵便局2F南

そしてそれぞれの申し込み締め切り可能時間は

  • 成田国際空港: 出発前日17:00まで(土日祝は16:00)
  • 羽田国際空港: 出発前々日17:00まで(土日祝は16:00)
  • 中部国際空港: 出発3日前の14:00まで
  • 関西国際空港: 出発3日前の14:00まで

となっています。

気を付けないといけないのは受け取り可能な時間は空港ごとに変わっており、さらに羽田国際空港での受け取りは事務手数料(500円)などがかかったりするので申し込みの際に確認しておきましょう。

 

 

シンガポールデータのWi-Fiルーターの設定方法を教えて

シンガポールデータには付属として設定方法があるのでその説明書通りに操作していけば特に問題はないと思いますが、簡単な流れのみ。

まず気を付けないといけないのは「シンガポールデータ」は日本でパスワードを入力はできますが、Wi-Fiは日本では繋がりません。

 

☆スマホの設定(出国前にしておきたい)

  1. 「設定」からデータローミングをOFF
  2. APPやiTuneで「Appのアップデート」をOFF
  3. 「機内モード」をON

2番目は違うレンタルサービスで設定したほうがいいと書いてありましたが、1番目は絶対に必要です。

 

☆スマホの設定(シンガポール到着後)

  1. 「Wi-fi」をONにする
  2. 「Wi-Fi」の接続先「Singapore」を設定
  3. ルータ裏の「WEPキー(パスワードのようなもの)」を入力
  4. 接続完了

☆ルータの設定(シンガポール到着後)

  1. ルータの電源をON
  2. 「ワイヤレスネットワーク接続」をON

これだけです。

 

 

シンガポールデータの評判

出典1:シンガポールDATAお客様の声

男性2台レンタルすれば良かったと思えるほど問題なく楽しい旅を送ることができました

 

40代 女性今まで借りたルーターの中で一番使いやすかったです

 

20代 女性手続き・料金・データ速度等大変満足で快適に利用できました

 

↓WiFiルータの申し込みはこちらから!
シンガポールDATA

 

【台湾DATA】台湾でwifiを使えるルーターレンタルサービスの紹介!!

スポンサーリンク