スポンサーリンク

公園で子供が遊べない禁止事項と今後の遊びについて

2020年1月20日

こんにちは^^タクヤンです。

今回のお題はこれ

昔の外での遊びと今の時代

です。

これって今後の小学生のある意味では健康問題ですよね?

自分が小学生の時は友達と遊ぶときは外の公園でサッカーや鬼ごっこなどが主流でした。

といっても少し前ぐらいですかね?

 

 

なぜ今の時代子供は公園で遊ばないのか?

なぜ今の時代子供は公園で遊ばないのか?

最近はゲームが多くなってきたのが原因でもありますが・・。

そもそも今の時代公園での遊びが規制,規制されて子供が遊ぶことが出来なくなってきたのが大きな原因です。

これは

  1. 他人の迷惑になることはやめましょう
  2. ボール遊びはやめましょう
  3. うるさくしないようにしましょう

などの禁則時効があります。

そもそも外で遊ぼうとかいいつつ公園の近くに住んでいる住民からの「うるさい」等の苦情が来るという最悪な循環に陥っています。

 

 

「公園で遊べ!!」と考える一方で「公園で遊ぶ子供の声が五月蠅い!!」という矛盾

 

正にこの問題がこの公園で子供を苦しめていますし矛盾点がありますがそもそも何のための公園なのか?

「子供が元気に遊べるように!!」と作った公園で「遊んでいる子供の声が五月蠅い!!遊ばせるな!!」。

などというふざけた少なくもなく多くもない苦情(クレーム)が今の公園での遊びの問題を作ったという自覚はないんでしょうかね?

 

そうなると子供がどこで遊ぶのかとなると普通に考えたら相手の家か自分の家しかないんですよ。

 

 

[スポンサーリンク]

ボール遊びが禁止なら一体どこでボール遊びをすればいいのか?

ボール遊びが禁止なら一体どこでボール遊びをすればいいのか?

そしてもう一つの問題でもある「ボール遊びの禁止」です。

小さい公園や周りに一軒家が多い場所の住民ならボールが飛んできて家の窓ガラスが割れるという心配がありますがこればかりは当然であり,正しい意見です。

子供がたとえ窓ガラスを割っても親は「子供のしたこと」といってしまい有耶無耶にしようとします。(実際に言われたことあります。)

 

つまりボールで遊ぶならやはり大きいグラウンドや学校の公園となります。

でもそのグラウンドが数多くあると思いますか?

調べてみると大阪府では100以上のグラウンドがあり「野球」も「その他球技」も可能なところが多いです。

なら大丈夫とも思いますが

  • 土日は野球チームなどの練習
  • 平日の昼間は子供たちは学校
  • 平日の夕方はクラブや部活などで利用

とよくよく考えてみると子供たちがグラウンドで遊ぶこともかなり制限されています。

つまり外で部活動をしていない子供が友達とボール遊びをするとなるとやはり公園でしかありません。

 

 

[スポンサーリンク]

 もしかしたら昔と今で遊び方が変化したから?

 もしかしたら昔と今で遊び方が変化したから?

でも公園での遊びに苦情は全く来ていないぞという意見もあるでしょう。

ならば昔と今で遊びがそこまで変わったかという話を少し見てみましょう。

 

よく外で遊ぶのは危険がいっぱいだから外に行くのは駄目!遊んでもすぐ帰ってくるようにとか言われてますよね?

それだけでしょうか?

僕の時はゲームとかはありましたが、オンライン環境は今と違いそこまで充実してなかったのでゲームで遊ぶにしても相手の家に行かないといけませんでした。

でも、今はオンライン環境・・・つまりネット環境が整備されてきたからこそ相手の家に行かなくても遊べるようになってきました。

だからこそ子供が外に行かなくなってきたのでは?とも思います。

 

 

オンラインゲームの発展によるメリットって?

オンラインゲームの発展によるメリットって?

そもそもオンラインゲームで子供が家にいること自体親にとってはうれしいこととは思いませんか?

限度というものはありますが家の中で遊んでくれるなら親の目の届く範囲にいてくれます。

さらに今のご時世両親が共働きというのが常識であり、親御さんが家にいないことも多いです。

 

もっと言えば外で遊ぶとなると不審者や車,などの危険性が多いです。

さすがに家の中に不審者が侵入してくることや車が突っ込んでくるのはあり得なくもないですが限りなく少ないです。

オンラインゲームや家で遊ぶというのは悪いことではないですし何よりも子供の安全というメリットが何よりも大きいです。

 

 

[スポンサーリンク]

子供同士の連絡も容易になると外で遊ばないのか?

子供同士の連絡も容易になると外で遊ばないのか?

もちろん自分が小学生の時には携帯なんてそこまで普及してませんでしたし、遊ぶ約束も小学校でするかとかでした・・・・・。

家が近いと特に問題ではなかったですけどね・・・・。

 

ですが今は小学生でもスマートフォンや携帯を持ち家にいても友達と連絡を取れます。

もしくは携帯のゲームアプリで一緒にネット協力とかで遊んでますよね。

携帯の普及も原因で外に遊びに行く必要が無くなったと考えれます。

 

 

パソコンでYouTubeを見始めたからこそ?

パソコンでYouTubeを見始めたからこそ?

自分の時はパソコンはありましたがそこまでニコニコ動画やYouTubeをあまり見ませんでした。

というのも今のようにHIKAKINなどといったネットでのエンターテイナーなどは全然存在していなかった時代でしたからね。

今は彼のような人も増えてきており、子供たちはとりあえず家に帰ったらYouTubeという図式が成り立ってきたからでしょう。

 

むしろYoutubeを見てYoutuberになりたいという子供もいるにはいますので親からしたら内心穏やかではないでしょう。

ですが何かしらに憧れを持つこと自体いいことではあります。

 

 

[スポンサーリンク]

これからの遊びはどう変化すべきなのか?

これからの遊びはどう変化すべきなのか?

正直こればかりは何とも言えません。

  • 今後のゲームの発展でクローズドな環境での遊びが増えるのか
  • 公園での禁止事項を緩和して外で遊べるようにするのか

でも、今後は昔のような外に遊びに行くような景色はあまり見れなくなるかもしれません。

なにせ、ゲームだといつもと違う自分を体験できるし友達とも簡単にコミュニケーションを取れますからね。

でもやはり子供が公園で元気に遊ぶという光景はいつかちゃんとしっかりと戻ってきてほしいものです。

 

 

何でもかんでも規制すればいいという訳ではない

 

最近香川県で「子供のゲーム時間を1時間以内に」といった条例が出来るそうです。

この話を聞いた時に「?」ともなりましたし殆ど意味のない条例を作るんだなと思いました。

恐らく親に対する意識改革のつもりなんでしょうが子供がそんなの守るとは思えません。

 

  • 理想条例を敷くことで親が子供の勉強の時間をしっかりと確保するように意識を持っていきたい

とかなんでしょう。

ですが実際にそんなのしても意味があるのかという疑問があります。

  • 仮に条例を破ったらどうする?
  • その条例を破ったかどうかは誰が判断する?
  • 子供が条例を破ったら親が罰せられるのか?

子供の外で遊ぶ場所を規制したりして奪っておきながらあまりにも身勝手です。

タクヤン

子供の体力や学力が落ちている。

何が原因だ!!

 

タクヤン

ん~~~恐らくスマホかな

 

タクヤン

ならスマホの利用時間を制限しよう!!!

これなら学力も上がるし体力も上がる!!

 

ゲームを1時間以上していてもしっかり勉強して成績がいい子もいますし同じく部活もやっていて体力がある子もいます。

考えが極端になり過ぎていて,一人の知識がない管理人からすればただ「仕事をしていない人間が仕事をしていますアピール」にしか見えません。

ていうか路上喫煙を条例で禁止しても守られていないのに子供のゲーム禁止条例とかもっと守られないぐらい目に見えます。

 

[スポンサーリンク]

まとめ

 

子供は風の子、元気の子という言葉があり子供はやはり外で遊ぶ方が楽しいと思いますし元気にもなるでしょう。

ですがゲームやスマホを何が何でも悪者とし,公園で遊べという一方で「公園で遊ぶな!!五月蠅い」という声もある。

子供の遊び方や時代が変わっているからこそ時代に逆行する様な事はすべきではないんじゃないでしょうか?

今回のまとめです。

  • 子供が公園で遊べないのは禁止事項が多いから
  • 外で遊べという一方で遊ぶなという声が大きく受け止められる
  • オンラインゲームのおかげで子供の身の安全は少なくともある
  • 子供が安全に遊べる公園は難しいが少なくとも自由に遊べる公園は必要
  • 何でもかんでも規制しても子供は外では遊ばない

です。

意見などは全然受け付けますのでどうぞご自由にお書きください。

スポンサーリンク