タクヤンの情報発信部屋

色々な分野での生活をちょっとでもよくする?情報を毎日配信予定

~Sponsored Link~

  • f:id:taurs-0505:20180921005715p:plain
  • f:id:taurs-0505:20181004141436p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202405p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921195025p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202409p:plain

大学生の理想・しんどい時間割を画像付きで解説!!

こんにちは^^タクヤンです。

 

 

今回のお話は

 

 

 

大学生の理想的な時間割と駄目な時間割

 

 

のお話です。

恐らく物凄く短く読めますので下の記事も併せて読んでみてください

 

  1. 大学生に必要なものを物質ではなく考え方として4つ紹介

  2. 新入生必見!大学の単位の効率的な取り方を学年ごとに現役大学生が紹介!

 

 

 

 

 

大学生の時間割の特徴

まず、大学生の時間割には大学に違いはあれど

 

1~5時間目

 

で構成されます。

(6時間目以降は時間外講義扱い?)

 

そして、講義自体は1時間半と文科省で決められています。

なので、講義は1日で長く取れば取るほど肉体的・精神的にしんどくなります。

 

 

注意点として

 

  1. あくまでも理想的な時間割の例
  2. 大学の講義の時間によって無理なところもあります
  3. 画像を使って注意点を述べていきます

 

 

理想的な時間割

 

まずは理想的な時間割ですが、理想的な時間割とはなんなのでしょうか?

 

それは自分なりの解釈ではこうなります。

 

 

まず、「1限から講義の日」が連続にならないこと。

その日は必ず4限目までで終わらせれること。

遠い生徒なら5限目までには必ず帰れる時間割

 

 

 

f:id:taurs-0505:20180429135223j:image

 

まず、上の画像のような時間割が理想的です。

家が近いと問題ないですけど遠い時に1限目から講義を入れるのはしんどいです。

 

理想は2限目から入れて、3~4限目で帰るか大学で自習すること

 

後は

 

1週間で1日か2日1限目から入れる日を作る

 

かです。

時々朝早く起きましょう。

 

 

この時間割での利点は以下のようになるでしょう。

 

  1. 朝はゆっくりと起きれる
  2. 時々朝早く起きて健康を意識できる
  3. 講義は4限目で終わるので夕方からバイトを入れれる

 

 などなど利点はたくさんありますが、もしかしたら2回生ぐらいからこの時間割を作れるようになるかもしれません。

1回生の時はかなりしんどかった記憶があります。

 

 

駄目の時間割その1

 

f:id:taurs-0505:20180429135232j:image

 

 

一番駄目な時間割は上の時間割のように

 

1限目から5限目まで全部入れる

 

1時間半の講義を5回連続で受けるって相当しんどいですよ?

自分は一回したことありますけど集中力なんて持ちませんでした。

 

しかも、テスト期間になるとこの1~5限目というのはかなりしんどいです。

集中力は同じように持ちません。

 

その結果・・・・・単位を落とす・・・・・・なんてこともあるかもしれません。

 

 

 

駄目な時間割その2

今から紹介するのは大学から比較的家が遠い人の駄目な時間割です。

約1時間半~2時間以上かかる人が対象です。

それでもあまり駄目とは言い難い。人によってはしんどいかな?程度です。

 

 

f:id:taurs-0505:20180429135240j:image

 

 

分かりますか?

5限目に講義を入れて次の日に1限目を取ったり、1限目を4~5日以上入れる場合などです。

 

 

マジで死にます。

こういった時間割にはならないようにしましょう。

 

これをするぐらいなら理想的な時間割を多少無理してでも作りましょう。

 

 

 

終わりに

 

今回はかなり短かったですが、時間割を自分でしっかりと管理して作るというのは大学生の仕事でもあります。

 

今までは高校生、中学生、小学生は学校側が作ってくれてましたが大学生はもう社会人。

そのスケジュールを自分で作成、私生活との兼ね合わせも意識しないといけないのは確かにしんどいです。

 

ですが、これが社会人として世に出たばかりのあなたの最初の大きな仕事でもあります。

今回の記事で何かヒントなどを少しでもゲットできたというならそれは幸いです。

 

 

これから大学生活を送るという方はこのことをお忘れなきように・・・・。

 

 

 

[sponser link]