スポンサーリンク

「ハイスピードプラスエリアモード」とは何なのか?今更聞けない7つの基本情報

2019年4月4日

スポンサーリンク

こんにちは^^タクヤンです。

今回お話しするのは

 

ハイスピードプラスエリアモード

 

です。

知らない人に対してできる限り詳しく紹介していきます。

1:ハイスピードプラスエリアモードとは?

ハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードとは「モバイル通信モード」の内の1つ。

 

「au 4G LTE」 + 「WiMAX2+」

 

の両方を使用することでさらに広範囲にモバイル通信が可能になるモードです。

通常「WiMAX2+」などは高速通信が可能な分、繋がる範囲が大手のキャリアと比べれば狭いという弱点などがあります。

なのでこの「ハイスピードプラスエリアモード」はその弱点を補うために存在するモードとも言えます。

2:「au 4G LTE」とは?

au 4G LTE

これは知っておかないといけない回線。

「au」が提供しているLTEサービスで「4G」という通信規格の1つの「LTE」を用いており、「WiMAX」も同じ通信規格です。

「3G」もありますが、「4G」は第一世代後の通信規格ですので性能が向上していると言えます。

人口率99%のエリアを殆どカバーしているということもあり、世界遺産や秘湯ともいえる場所でも繋がることが出来ます。

その快適通信の理由は「プラチナバンド」。

電波が 「建物をすり抜ける & 迂回する」といった特性があるので建物の外でも内でも繋がりやすいというのが理由です。

[スポンサーリンク]

3:端末なら全て使えるのか?

f:id:taurs-0505:20190217082847j:plain

これは知っている人と知らない人もいますが、「WiMAX」を受信する全ての端末でこの「ハイスピードプラスエリアモード」が使えるわけではなく、繋がる端末とつながらない端末があります

  • W06
  • WX05
  • L02
  • HOME01

などは「ハイスピードプラスエリアモード」に対応しています。

全てのモバイル端末で利用できるとは限らないことだけ覚えておきましょう。

[スポンサーリンク]

4:有料なのか無料なのか?

f:id:taurs-0505:20190221080825j:plain

基本的には有料です。

 

月額1005円

 

1度でも「ハイスピードプラスエリアモード」にすると翌月でなくその月に利用料を請求されてしまいます。

ただしプロバイダで3年契約をするとそのオプションも無料になります。

他にも「au スマートバリュー mine」を適用すると「2年契約」でも無料になります。

しかしこのサービスを行っているプロバイダはまだ少ないのが現状です。

 

[スポンサーリンク]

5:通信制限は?

f:id:taurs-0505:20190215095746j:plain

もちろん通信制限はあります。

この「ハイスピードエリアプラスモード」では「契約プラン」に関わらず「WiMAX2+」と「au 4G LTE」の合計通信料が月7GBを超えると翌月まで128kbsに制限されてしまうので注意が必要となります。

もしくは3日以内で10GBの通信を行うと通信制限がされます。

なのでこのモードは「WiMAX2+が繋がらない非常時」に使う方がいいでしょう。

 

[スポンサーリンク]

6:使用した場合のデメリット

f:id:taurs-0505:20190221085110j:plain

一度の利用で料金発生

先ほども言いましたが、この「LTEオプション」は無料になる3年契約以外の2年契約などで「ハイスピードプラスエリアモード」に1度でも切り替えると日割でなく、1005円もの料金がかかってしまいます。

ただ、1回使用した場合と10回使用した場合は利用料金は1005円です。

 

切り替え忘れですぐに速度制限になる

時々あるそうですが、「ハイスピードプラスエリアモード」にしてから「ハイスピードモード」に切り替えるのを忘れてしまい、そのまま動画などを見続けるとすぐに7GBを超過してしまいます。

あくまでも「WiMAX2+」が繋がらないところでの補助的な役割が強いからです。

通信量追加は出来ない

そしてauやsoftbankなどの携帯で通信速度制限が来た場合、追加料金を払うことで通信量を購入することが出来ますが、この「ハイスピードプラスエリアモード」で速度制限になってしまうと追加通信量を購入することは出来ません

[スポンサーリンク]

7:どんな人にお勧めか?

f:id:taurs-0505:20190221084453j:plain

この「ハイスピードプラスエリアモード」を必ず利用しないといけないという訳ではなく、以下の人におすすめです。

  1. 絶対に通信が必要になるビジネスマン
  2. 地方や地下鉄などWiMAX2+の電波が届かない人

おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

理由はキャッシュバックキャンペーンで31000円、月利用料金も最安級だからです。

スポンサーリンク