【意味が分かると面白い話】潜入が苦手なエージェント

2019年3月13日

スポンサーリンク

こんにちは^^タクヤンです。

 

今回の意味が分かると面白い話は

 

潜入が苦手なエージェント

 

の話です。

楽しんでいきましょう。

 

 

広告

お話

俺は何でも請け負うフリーのエージェントだ。
破壊活動なら右に出る者はいない。

漂う負のオーラがそうさせるのだろうか。
客が満員のカフェであっても、俺が普通にコーヒーを飲んでいるだけで人が遠ざかっていく。

しかし、潜入ミッションは苦手だ。
なぜか潜入した途端に騒ぎが起きてしまうのだ。

服装、言語、振る舞い等、全て問題ないはずなのだが。
潜入ミッションを依頼してきた客も、俺に会うなり、鼻を押さえ出し、破壊活動に依頼を変更してしまう。

一体何が悪いのだろうか。

 

負のオーラでも何でもなく、「臭い」だけ。体臭かな?

 

 

終わりに

 

他のお話を読んでみたい方は以下の一覧から!!

 

スポンサーリンク