スポンサーリンク

【起こして】生放送の最中に起きた不慮の事故の詳細とその後は?

2018年9月9日

ここで伝えることは必ずしも検索を推奨する為ではありません。

怖くて見れない方のための簡単な解説ページです。

管理人も調べて何回も後悔した単語もあります。

こんにちは。タクヤンです。

今回紹介する「検索してはいけない言葉」は

起こして

です。

注意事項ですが、ここでは画像・動画などは用意していません。

ですが、文章だけでも十分に気分を害することもあります。

気分が悪くなった場合はすぐに引き返しましょう。

それを踏まえた上でお進みください。

 

 

”起こして”とは?

起こしてとは?

起こして”とは日本で起きた事件のことです。

編集してからのTVの報道中に起きた事故などではなく、生放送中に起きた事故で、正確にはTV宮崎での放送事故です。

 

その概要は

 

尻相撲に参加した男性アナウンサーが頭から水田に突っ込み、頚椎(けいつい)を損傷する。

そのアナウンサーは

「起こして…起こして…」

と苦しそうに訴えていたが周囲の人たちは冗談だと思い込んで泥をかけるなどしてしまう。

などがこの単語で出てくる結果の簡単な概要となる。

 

 

”起こして”は動画か画像か?

 

起こして”で出てくるのは「動画」。

↓安心?なことに血などが出てくる訳ではないのでyoutubeなどでも確認することができる。

動画の内容は説明すると

2008年の6月14日、テレビ宮崎のローカル番組「UMKスーパーサタデーJAGAJAGA天国」において、高千穂町の尻相撲大会での中継をしていた柳田哲志が生放送中に女尻相撲に参加させられ落ちる際に空中で前転して水田に落ちてしまう。

実はこの時、頚椎を損傷してしまい全身麻痺してしまっていたんです。

しかしこの時生放送でもあったせいかスタジオもその様子には気付かず、さらに水田側も全く気が付いていなかった

さらに水田側は水田にうつ伏せのままの柳田さんがふざけていると勘違いしてしまい、頭にさらに泥を浴びせてしまうという事故だった。

 

 

[スポンサーリンク]

”起こして”事件のその後

”起こして”のその後

リポート終了後に頚椎骨折や脊髄損傷で重傷だったという事が分かった。

その後病院で「99%寝たきり状態の可能性」と言われていたという。

しかし、2010年8月2日の彼のブログ記事において自助具を用いたパソコン操作などの訓練を行っているという事が分かった。

さらに、2年後の2014年4月7日の放送開始の「NOON TV マッポス」でレギュラー復帰を果たしている。

だが、残念なことに完全回復ではなく2018年も車椅子での生活となっていますが元気に生活しているとのこと

 

 

[スポンサーリンク]

終わりに

 

今回の動画を見て、色々なコメントがありました。

  • 自業自得だ
  • 周りもさすがに気付けよ

僕らがこれを言えるのはその結果を知っているからで、当時はそんなのに気が付かなかったでしょう。

 

今回の事故では確かに柳田さんが水田に自ら飛び込んでいるように見えるので盛り上げるためにやったのかなと素人ながらも感じました。

あくまでも不慮の事故ではありましたが、動画だけ見れば周りの反応も踏まえて少しゾッと来るかもしれません。

youtubeでも見ることは出来ますが視聴する際は気を付けてください。

では、またお会いしましょう。

 

  1. 【閲覧注意】”インド 電車 電線”という検索してはいけない言葉の優しい解説
  2. 【閲覧注意】”ダツ 事故”という検索していけない言葉の優しい解説

 

スポンサーリンク