タクヤンの情報発信部屋

色々な分野での生活をちょっとでもよくする?情報を毎日配信予定

~Sponsored Link~

  • f:id:taurs-0505:20180921005715p:plain
  • f:id:taurs-0505:20181004141436p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202405p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921195025p:plain
  • f:id:taurs-0505:20180921202409p:plain

【閲覧注意】”パリ人肉事件”、”佐川一政”という検索してはいけない言葉の優しい解説

 

 

ここで伝えることは必ずしも検索を推奨する為ではありません。

怖くて見れない方のための簡単な解説ページです。

管理人も調べて何回も後悔した単語もあります。

 

 

 

こんにちは^^タクヤンです。

今回紹介する「検索してはいけない言葉」は

 

 

パリ人肉事件

佐川一政

 

です。

 

注意事項ですが、ここでは画像・動画などは用意していません。

ですが、文章だけでも十分に気分を害することもあります。

気分が悪くなった場合はすぐに引き返しましょう。

 

 

それを踏まえた上でお進みください。

 

 

 

 

”パリ人肉事件”とは?

f:id:taurs-0505:20180816222926j:plain

(写真のお肉は何の関係もありません。)

 

 

パリ人肉事件”はその名の通り、パリで実際に起きた猟奇的殺人事件のことです。

検索してはいけない言葉でもかなり有名な言葉です。

 

 

事件は1981年に日本人留学生の佐川一政が知人のオランダ人女性を殺害し、その遺体を食べ、その死体をさらに強姦するという想像する事すら憚れる事件。

佐川一政」でも調べるとこの事件が出てくるので気を付けないといけない。

 

 

事件の詳しい概要は

 

当時32歳の佐川一政が当時25歳の友人のオランダ人女性を自宅に呼び出し、背後からカービンライフルで射殺。

 

そして服を脱がして強姦。その後体の一部を生のまま・・・・。

さらに遺体を解体して写真を獲ったり、フライパンで調理するなど常軌を逸する行動をした。

 

そして6月13日、残った遺体をスーツケースに収めてブローニュの森の池に捨てようとしたところを目撃されて逃亡。

2日後に逮捕されている。

 

 

佐川一政とは?

佐川一政”はこの事件の犯人で1949年に神戸市に産まれたが、誕生時は手のひらに載るほどの極端の未熟児だったという。

 

 

虚弱体質だったが、父親が会社の社長でもあり裕福な家庭でもあったので順調に成長していった。

しかし、彼は子供のころに叔父から

幼い子供を誘拐して鍋で煮込んで食べる魔法使いの話」を聞いていて人肉を食べるということに興味を抱いてった。

 

 

しかし未熟児もあって成人しても

  • 身長:150㎝程
  • 体重:35㎏

という身体だったので彼は自分の体格に強いコンプレックスを抱いていて、その反動からか「豊満な白人女性」にしか興味を抱かなくなった。

 

 

それらが合わさって今回の事件につながったのかは正直不明ではあるが、そういうのも関係しているとも考えられている。

 

 事件の後

事件が起きて逮捕後に彼は犯行を認めていたが裁判においては心神喪失でもあったとして不起訴処分で無罪

 

そして彼はフランスの「アンリ・コラン病院」に入院することが決定した。

だが14ヶ月で退院して帰国

日本に帰国後は15ヶ月で退院したが「東京都立松沢病院」に入院していた。

 

 

東京の病院での診察では彼は人肉食の性癖などはなかった

つまりフランス警察に対する欺瞞であったという結論になった。

このことを受けて日本警察は彼を逮捕して裁判をもう一度行おうとしたがフランス警察が拒否した。

 

 

退院後は作家としてデビューしており、2001年までに多い時は月に100万円ほどの印税もあったらしいが両親は2005年にともに死亡

佐川氏自身も借金に追われて千葉県に逃亡。

 

 

 

 

2010年のインタビューで「白人女性は卒業した。今は特に沖縄女性。食欲を感じます」とかなりヤバい発言をしている。

ただ、2013年11月に脳梗塞で倒れ歩行困難

車いす生活で実弟の介護を受け、生活保護と年金で生活していると2015年では報じられている。

 

 

動画?画像?

パリ人肉事件”は画像での媒体となる。

Google 画像検索」でも普通に出てくるので調べたいという人は覚悟してください。

 

  • 被害者の無残な頭部
  • 残った足2本

 

など、とても直視できるものではない。

特に頭部に関しては見るも無残すぎて耐性が無い人に対しては正直吐き気を催してしまう可能性がある。

 

 

終わりに

f:id:taurs-0505:20181006135309j:plain

 

 

人肉をタイトルにした映画などは結構ありますが、人肉を食べるということは倫理的にもダメですが、実はそれ以外にも危険なことが多く潜んでいるといわれています。

 

  • 血液からのHIV感染
  • クール―病という狂牛病にも似た神経変性疾患で死亡する可能性
  • そもそも死体損壊として犯罪になる

 

とかなりヤバいです。

 

ちなみに、人肉を食べるという事を取り扱った作品は「グリーンインフェルノ」や「食人族」という映画があります。

管理人はコマーシャルだけで見る気はなくなりましたが、見たいというチャレンジャーは頑張ってみてください。(映画は18歳以下は見てはいけませんよ。)

 

グリーン・インフェルノ [ ロレンツァ・イッツォ ]

価格:1,749円
(2018/8/14 14:03時点)
感想(0件)

 

 

では、また次回もお会いしましょう。

 

 

 

 

 

[sponser link]