スポンサーリンク

独自ドメインとサブドメインの違いやメリット・デメリットまとめ!!

2017年12月24日

こんにちは^^タクヤンです。

さて、最近色々勉強してみましたが独自ドメインやサブドメインの違いなどを色々なサイトを見て少しだけ見てみてました。

という訳で今回は

独自ドメインとサブドメインの違い

デメリットやメリット

を書いていきましょう。

少しでも参考になればいいと思います。

 

 

そもそもドメインとは何なのか?

そもそもドメインとは違う記事でも書いていたんですが

ブログの領土

を表し、かつ

ブログの価値

そのものを表してくれ、自分のブログそのものを表すのに一番必要なものとなりますので,ブログをしていくには一番必要なものとなってきます。

その為サブドメインや独自ドメインの違いなどをそれぞれ知っておかないといけません。

 

ブログ初心者がよく使うサブドメインとは?

無料のドメインつまり無料ブログというものと直結してきます。

よく見る無料ブログのドメイン

hatenablog.~~~.com

これはあくまでも一例ですが、ドメインにあるドメインが共有して入っているものがサブドメインとなり,ブログ初心者の方なら恐らくこれを一番見ることとなるでしょう。

一番有名どころでは「yahoo」のサービスはサブドメインを利用しています。

  • Yahoo!JAPAN : https://www.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ショッピング : https://shopping.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!プレミアム : https://premium.yahoo.co.jp/
  • ヤフオク : https://auctions.yahoo.co.jp/
  • Yahoo!ニュース : https://news.yahoo.co.jp/

このように「yahoo」という独自ドメインをそれぞれ分割してサービスを使用することも可能です。

 

 

[スポンサーリンク]

サブドメインのメリットは?

まず最初にサブブログのメリットは主に何なのか?

それを考えると

  1. 誰でもすぐに獲得することが出来るのでブログを始めやすい
  2. 0円で使うこともでき、維持費も必要ない

といったものが考えられれます。

それぞれ見ていきましょう。

 

 

メリット1: 誰でもすぐに獲得することが出来るのでブログをはじめやすい

通常独自ドメインなどは

  • ドメイン
  • サーバー
  • WordPress

などなど必要なものを用意しないといけません。

この手続き自体はそこまで難しくはないんですが、サブドメインを獲得してブログを立ち上げるまでより時間はかかります。

ですが、サブドメインなどは無料ブログを立ち上げると同時に簡単に手に入れれるのでサブドメインならではのメリットがあります。

 

 

メリット2: 0円で使えることが出来、維持も必要ない

それに無料で使えるという事でもあり、わざわざドメイン用の費用を用意する必要もありません。(つまりコストは掛かりません!)

さらに、独自ドメインは通常数か月~数年契約で契約更新期限が来たら自分で更新しないといけません。

つまり維持が必要になりますが、その際にもお金がかかってきます。(料金はドメインによってちまちま)

ですが、サブドメインは無料ブログサービスの会社が更新してくれるので維持も必要ありませんしその際の料金も必要ありません。

 

 

[スポンサーリンク]

サブドメインのデメリットとは何なのか?

では次にサブドメインのデメリットは何なのか?

それは管理人の体験談も合わせると

  1.  ブログサービスが消えたらドメインも消える
  2.  同ジャンルのブログは不利になる

それぞれ見ていきましょう。

 

デメリット1: ブログサービスが消えたらドメインも消える

しかし無料で使えるという事はそれだけデメリットもあるという事です。

それはサブドメインはもしそのブログサービスが終了してしまうとそのブログの価値を示すものがなくなってしまいます

今まで積み重ねてきたものが一瞬で泡になってしまいます。

つまりブログサービスがなくならないよう祈るしかないという事です。

 

 

デメリット2: 同ジャンルのブログ同士は不利になる

そして第2に”同じジャンルのブログ同士は不利になる”ということです。

どうやら同じドメインを所有していると似たようなジャンルのブログ同士は競合性が勝手に生まれてSEO的に不利になってしまうという事です。

これは非常にめんどくさい事です。

 

ブログを運用していくなら同じジャンル同士のブログは避けないといけないという事です。

さらに同じドメインを所有している同じジャンルのブログ同士では評価が下がってしまう可能性もあります。

例えば同じジャンルのブログがA、B、Cの3つあるとします。

  1. http://hatenablog.A.com
  2. http://hatenablog.B.com
  3. http://hatenablog.C.com

が全てSEOの同じジャンルの記事を書くとなるとどれかのサイトが上位に表示されることになることが多いです。

サブドメインはドメインなりの戦略が必要になるということです。

 

↓ドメイン取るなら「お名前.com」

お名前.com

 

[スポンサーリンク]

ブロガー、会社が使う独自ドメインとはなんなのか?

独自ドメインは私のブログのアドレスのように

一例なんですが、

http://~~.com

みたいに

無料ブログサービスのドメインが共通して入っていないものが独自ドメインと言います。

こういったドメインを用意してくれるブログサービスはありませんので自分で手続して用意する必要があります。

ちゃんとそういったサービスがあり、別に書類とか複雑な手続きが必要という訳ではありません。

 

[スポンサーリンク]

独自ドメインのメリットは何があるのか?

では次に独自ドメインのメリットは何なのか?

  1.  SEO的なメリットが大きい
  2.  ブログを自分で管理できる

それぞれ見ていきましょう。

 

メリット1: SEO的なメリットが大きい

 

独自ドメインはサブドメインとは違い共有するドメインが存在しません。(hatenablog.~~.comのhatenablogの所)

つまり、「同じドメインを共有しているブログは競合性が生まれる」という事もありませんのでSEO的に有利になります。

さらには「同じドメインを共有しているブログの評価も同じとみなされる」事もありません。

 

 

メリット2: サイトを自分で管理することが出来る

独自ドメインはサーバーやドメインの契約を自分で更新しないといけませんがその分サイトの存在は確実です。

サブドメインはそのブログサービスが終了してしまうと今までの努力が水の泡に帰ってしまいますが、独自ドメインならその心配はありません。

今までの努力が無駄にならなくて済むのが独自ドメインのメリットです。

 

 

[スポンサーリンク]

独自ドメインのメリットは何があるのか?

では次にサブドメインのデメリットは何なのか?

それは管理人の体験談も合わせると

  1.  初期費用と維持費用が必要になる
  2.  ドメインの価値が0の状態から始めないといけない

それぞれ見ていきましょう。

 

 

デメリット1: 初期費用と維持費用が必要になる

独自ドメインは自分で用意しないといけません。

そこには手間も掛かりますし、費用もいくらか掛かります

安いドメインから高いドメインなど幅広いがそれでも値段が掛かるのが欠点。

 

 

デメリット2: ドメインの価値が0の状態から始めないといけない

独自ドメインは価値が0のドメインを育てていかないといけません。

その苦労は計り知れません。

 

サブドメインなどは初めから価値の高いドメインを使っているのでドメインを育てるという苦労はありません。

この独自ドメインの価値はSEO的に有利不利があるわけではないといわれてはいますが、少なくともGoogleから新規独自ドメインは評価されてはいないということだけははっきりと言わせてもらいます。

 

 

独自ドメインは序盤はしんどいが、長期的に見るとかなり有利

これは自分の経験則ですが、独自ドメインとWordpressを使っていると序盤はコンテンツ量も少なく不利にはなってきます。

ですが、長期(ロングテール)で考えるなら独自ドメインはサブドメインよりも有利になってきます。

 

実際いろいろなジャンルの検索順位TOPは独自ドメインを使ったサイドがほとんどだと思います。

そのTOPに食い込むにはかなりしんどいかもしれませんがサブドメインよりも可能性は高いということです。

 

 

[スポンサーリンク]

まとめ

サブドメインと独自ドメインの違いは少しでも分かりましたか?

少なくとも独自ドメインの方がお金も手間も多少はかかりますが独自ドメインを所有していることに意味がないとは言えません。

そのため、ブログを始めたい人はサブドメインよりも独自ドメインを所有していた方が便利です。

という訳で今回のまとめ!

  1. 独自ドメインは自分のブログの領土的な存在
  2. サブドメインは独自ドメインに比べて簡単に手に入るが長期的に考えると独自ドメインの方が便利
  3. 独自ドメインを手に入れるなら”お名前.com”が便利

今回はここ迄となります。

⇒⇒次によく読まれる記事

スポンサーリンク