スポンサーリンク

【先行者】中国で開発された最強の二足歩行ロボットとは?

2019年7月27日

こんにちは^^タクヤンです。
今回お話しするのは

中国最恐の人型ロボット
先行者

です。

 

 

先行者とは?

上のロボットが先行者です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい。

 

色々と突っ込みたいと思いますが、これは中国の長砂国防科学技術大学の研究室が中国で初めて開発した人間型ロボット。

新華電社が最先端の先進国レベルに追いついた!!という記事も出したとかなんとか。

 

上の画像だけでは分かりませんが、

  1. 1.4mの身長
  2. 重量20Kg
  3. ある程度の言語能力もある
  4. 人と同じパーツを持っている
  5. 股間に謎のキャノン砲

といった基本スペックがある。

 

 

突っ込みどころ満載な先行者

 

まず、腕を見ると分かると思いますがモーターと配線がないですね。

もし2リンクの腕ならば当然肘関節のモーターにそれを動かすための配線も必要になりますね。

パッと見では配線らしきものは見つけれませんので可能性としては無線モーター・・・・はないので考えるのも馬鹿らしくなります。

要はロマンです。

 

後最後に一つだけ突っ込みを入れると、この先行者の右足を見ると真っ直ぐ伸びていますね?

ロボット工学を学んだ人ならなんとなく想像できると思いますが、「特異姿勢」というものが存在し、膝がまっすぐ伸びた状態のことなどを言います。

こうなるとロボットは制御できなくなるというもので、今の技術でもなかなか難しい問題です。

これを解決したのがまさか先行者というロボットなのでしょうか?

突っ込むのもめんどくさいので要はロマンですね。(顔怖いし)

 

 

[スポンサーリンク]

技術的には先行者は実在するのかどうか?


・・・・・と上の記述で生半可な知識で馬鹿にしてしまい、動画を探してみると画質は荒いですが、ちゃんと先行者の動画はありました。(本物かどうかは不明)

それをみるとちゃんと動いてましたね。

 

しかし、その動きを見ても「ゆっくり」な感じで、「段差も自由自在」「1秒で2歩」のような高速ロボットとは程遠いと見えますね。

勿論、当時の技術としては凄いことではありますし、中国の最初のロボットとしては上出来なロボットでもあります。

技術的にも先行者は実在すると断言できます。

 

 

先行者が日本にもたらした影響(GIF画像あり)

 

そして、中国でこの先行者が発表された後に日本でも「侍魂」というサイトがジョーク交じりで取り上げられたことをきっかけに、「GIFアニメ」で股間のでっぱりをキャノン砲として発射させる動画や、CGムービー、ゲーム、同人作品が作られていくなど当時は結構遊ばれていた。

最早地獄絵図過ぎて面白い

 

 

[スポンサーリンク]

このロボット誕生の10年以上後に生まれたボストン大学の「Atlas」について

さて、いままでふざけた感じで先行者を紹介しましたが、実はボストン大学が「Atlas」という二足歩行ロボットを開発しているのをしっていますか?

 

このロボットは先行者に比べて「バク転」「段差の乗り降り」「簡単なパルクール」が出来るというまさに最先端のロボットでもあります。

↓実際の映像


凄いですよね?実際にこれを見た時は驚愕しましたし、ここまでくればアンドロイドももうすぐそこまで来ているという事ですね。

 

 

[スポンサーリンク]

終わりに

ロボットは技術もすごく速さで進歩していき、ASIMOが初めて発表されてからそこまで長くない時間でココまでくるのはまさに人類の夢とも言えます。

 

その中で中国が本気かジョークか分からないロボットでも中国では医療分野等で活躍する基盤になると期待されていましたし、実際中国でもロボット技術は結構飛躍しています。

正に「先行者」の名前にふさわしいロボットとも言えますね。

 

  1. 【閲覧注意】”メキシコ 見習い弁護士”という検索してはいけない言葉の優しい解説
  2. 【青い鯨】自殺ゲームである”青い鯨”とはいったい何なのか?どれだけ危険なのか?

スポンサーリンク